働き方

仕事は我慢して続けても意味なし!ストレスがたまって不幸になるだけ【断言】

仕事を我慢しても意味なし
困ってる人
困ってる人
いまの仕事が全然面白くないし、もう辛い…。かといって辞める訳にもいかないし、とりあえず我慢して続けてるけど、本当はどうするべきなんだ

日本人に多い傾向ですが、なんでもかんでも我慢しすぎな気がします。

本記事では、仕事我慢して続けても意味がない理由を理論立てて解説します。

  • 仕事は我慢して続けても意味がない理由がわかる
  • ストレスを溜めると人生が不幸になる理由が理解できる
  • 仕事を我慢している人が取るべき行動がわかる

先日僕は、こんなツイートをしました。

仕事を我慢して続けても意味なし。

  • ストレスが蓄積されるだけ
  • モチベーションがないので成長しない
  • 時間の無駄

すべてが悪循環ですね。人生消耗するので、いますぐ対策すべき案件かも。「仕事=我慢」になっている人は、転職するか副業を始めることをオススメします。

結論上記で、人生消耗するだけなので対策しましょう。

仕事は我慢して続けても意味なし

仕事を我慢しても意味なし
繰り返しですが、仕事我慢して続けても意味なしです(断言)

その理由は、次の3つ。

  1. 時間の無駄
  2. 得られるものがない
  3. ストレスがたまる

順に解説します。

時間の無駄

やりたくもない仕事を我慢して続けるのは、時間の無駄。

理由は、社会人が1年間で仕事をしている時間を考えれば理解できるかなと。

残業や会社までの移動時間も加味して1日の労働時間を10時間と仮定すると、1週間で10時間×5日で50時間働くことになります。

1ヶ月で50時間×4週間=200時間の労働。

1年で200時間×12ヶ月=2400時間の労働をしている計算に。

さらに人間は24時間動けるわけではなく、睡眠時間があります。

1日の3分の1を睡眠にあてるので、これを加味して1年間の活動時間を計算すると、
24時間×365日×(3分の2)=5840時間

つまり、5840時間中2400時間働くということは、日本人は起きている時間の約40%を仕事に使っていることに…

人生の40%を我慢しながら続けている。これを時間の無駄と言わずに何というんでしょうか。割と事件ですね。

上記は祝日や有給などを加味していないので、多少大げさに見えるかもですが、僕が言いたいのは人生の限りある貴重な時間をやりたくもないことで我慢して浪費していることが、めちゃくちゃ勿体無いということ。

得られるものがない

仕事を我慢しながら続けても、得られるものはほぼゼロ。

普通に考えて、つまらないことや興味がないことを無理やり続けても、成長しませんよね。

身近な例で言うと、学校の勉強なんかがイメージしやすいかも。

先生や親に言われて嫌々勉強している学生は、テストの点数も大したことない。

成績で上位をとる学生は、だいだい自主的に勉強に励んでます。

つまり、嫌なことを我慢して継続しても意味なし。

仕事を我慢して続けて得られるものは、少ないお給料のみです。

ストレスがたまる

やりたくもない仕事を我慢して続けると、ストレスがたまりまくりです。

正直、これが一番人生に悪影響を与えていますね。

  • 意味のないルーチンワーク
  • 終電間際まで残業
  • 嫌いな上司からの説教
  • つまらない飲み会に強制参加

こんな感じで嫌なことを我慢して続けると、ストレスがたまって当然。

先ほども話したように、日本人は起きている時間の40%を仕事に費やします。それが全部ストレスになっていると考えると、相当ダメージ蓄積されている気が…

このような3つの理由から、仕事を我慢して続けても全く意味なしです。

仕事の我慢でストレスをためるのは割と危険

仕事の我慢でストレスをためるのは割と危険
仕事を我慢して続けて、ストレスをためることは割と危険です。

その理由は、下記の通り。

  • 心の病気になる(うつ病)
  • 不眠症になる
  • メタボになる

詳しく解説します。

心の病気になる(うつ病)

仕事を我慢することのストレスで、うつ病になることも。

ストレスと人間の精神はかなり密接な関係にあって、今はなんともなくても、いつうつ病になってもおかしくない状況です。

うつ病になると、そこから回復するのも大変ですし、人生が不幸になる一方かなと。

不眠症になる

仕事のストレスを抱えすぎると、不眠症になるリスクもあります。

僕も前職で働いていた時に、なかなか寝付けなく、1日の睡眠時間が3時間くらいの時期もありました。

睡眠が確保できないと仕事のパフォーマンスも落ちるし、気持ちもずっと沈みっぱなしなので、毎日が本当に辛い。

メタボになる

これは意外かもしれませんが、仕事でストレスを抱えるとメタボになる可能性が高まるらしい(ガチです)

東京大学の研究グループによると、「職場ストレスを抱えている人は、そうでない人に比べて47%もメタボになりやすい」という結果を発表。
引用:「職場ストレス」がメタボの危険性を40%上昇 ストレスを解消

ただでさえ仕事を我慢して辛いのに、さらにメタボになりやすいなんて、まじでいいことありませんね。

ストレス怖すぎです。

困ってる人
困ってる人
仕事を我慢する意味のなさと、ストレスによる危険性は理解できた。じゃあ具体的にどうすればいいの?

仕事を我慢して続けている人がとるべき行動

仕事を我慢して続けている人がとるべき行動
仕事を我慢して続けている人がとるべき行動は、次の3つ。

  • 適度に仕事をサボる
  • 転職する
  • 副業を始める

ひとつずつ解説します

行動①:適度に仕事をサボる

ぶっちゃけ、仕事は適度にサボってOKです。

理由は、常に全力で取り組んでいると、疲れるから。

無駄に頼られて余計に仕事を振られるし、それがストレスの原因にもなるので、仕事って割と適当でいいと思います。

  • 1時間で終わる書類作成を2時間かけて作成
  • 外回りの営業をしている時に公園のベンチで30分くらい休憩
  • トイレにこもって、15分ほどスマホをポチポチ

こんな感じで手を抜けるタイミングでちょくちょくサボれば、身体的にも精神的にも余裕がでてくるはず

自分が適当に仕事をしても、会社はそれなりに回りますし、無理のない範囲でサボってみましょう。

行動②:転職する

仕事の我慢を辞めるには、転職が一番手取り早い気もします。

いまの仕事がつまらなかったり、辛かったりで我慢しているようなら、いっそのこと転職して環境を変えるのもありですね。

現状維持をするよりは断然良くなるのではないでしょうか。

ただ、転職先で楽しく仕事ができるかどうかは別の話で、転職活動には力を入れるべき。

行動③:副業を始める

副業の収入があれば、精神的にかなり楽になります。

理由は、会社に依存する必要がなくなるから。

本業の収入しかない人は、どうしても会社にすがるしかないんですよね…

なので、副業で収入を確保して、仕事を頑張らなくても生活できる状態を作り上げるのがベストかなと。

ちなみに僕は、会社に勤めながらブログで毎月10万円ほど稼いでいます。

ブログの始め方をまとめた記事もあるので、よかったら参考に。

WordPressブログの始め方|完全マスター講座【初心者向け】

仕事を我慢して得することも

仕事を我慢して得することも
ここまで「仕事を我慢することは無意味」と言ってきましたが、中には良い我慢もあります。

良い我慢の基準は、自分の理想の将来のための我慢かどうか

例えば、「将来プログラマーとして独立したい」と考えている人が、ブログラミングの仕事を辛いながらも我慢して続ける。
例えば、「将来、テレビで大活躍する芸人さんになりたい」と考えている人が、安い月給で地方のライブで一生懸命頑張る。

こんな感じで「将来のために目的をもってする我慢」は、割と良い我慢です。

良い我慢をしている人は、明確なビジョンが頭の中で描けているので、そんなにストレスを感じずに仕事ができているはず。

なので、一概に仕事で我慢していることを全否定するわけではなく、目的がはっきりしている我慢は価値ありです。

仕事の我慢はいますぐやめよう

仕事の我慢はいますぐやめよう
繰り返しですが、仕事を我慢しても意味なし。ストレスがたまって人生不幸になるかなと思います。

対策としては、

  • 適度に仕事をサボる
  • 転職する
  • 副業を始める

誰も助けてくれないので、あとは自分で行動するだけ!

仕事を辞めたくても辞められない人は、下記の記事も参考に。

仕事を辞めたいのに辞められない人の特徴5選!【対処法教えます】

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる