ブログ

WordPressでGoogleサーチコンソールを設定する手順【簡単3ステップ】

Googleサーチコンソールの設定方法
困ってる人
困ってる人
Googleサーチコンソールって、どうやって設定するの?面倒臭いのは、お断りだぜ。

本記事では、WordPressGoogleサーチコンソールを設定する方法を初心者向けに解説します。

設定は15分程度で終わるので、安心してください。

  • サーチコンソールの設定方法が視覚的にわかる
  • サーチコンソールで何ができるのかがわかる

ちなみに僕は本職でWebマーケターをしており、ブログ歴は11ヶ月ほど。副業ブログで月10万円ほど稼いでいます。

Googleサーチコンソールとは?

「Googleサーチコンソール」とは?
Googleサーチコンソールとは、Googleが無料で提供しているサイト分析ツールのこと。

ブログで稼ぎたい人は絶対に入れるべき、神ツールです。

サーチコンソールを利用することで色々なことができますが、ブログ初心者がメインで使うべきは下記の5つ。

  • サイトマップの送信
  • 記事のインデックスをリクエスト
  • どんなSEOキーワードで流入があるかの確認
  • クリック数・表示回数・CTR・掲載順位の確認
  • モバイルユーザビリティやエラーの確認

さらっと解説します。

サイトマップの送信

Googleのクローラーにサイトマップを送信することができます。

これで、あなたのサイトはGoogleにばっちり認知されるはず。

サイトマップについて、詳しく知りたい方は下記記事を参考にどうぞ。

ブログのサイトマップ作成方法を解説【覚えるべきは2種類のみ】

記事のインデックスをリクエスト

投稿したブログ記事のインデックスをリクエストできます。

せっかく記事を作成したのに、検索エンジン上に存在しなければ意味なし。一生読まれることはありません。

なので、サーチコンソールを使ってインデックスをリクエストしましょう。

どんなSEOキーワードで流入があるかの確認

あなたのブログ記事に、どんなキーワードで流入しているかを確認できます。

そこから、関連キーワードが見つかることも。

まじで神ツール。

クリック数・表示回数・CTR・掲載順位の確認

ブログの「クリック数・表示回数・クリック率(CTR)・掲載順位」も自動で測定してくれます。

自分のブログが、検索エンジン上でどんな動向をしているのかが、逐一チェックできるってわけ。

もちろん無料で。

モバイルユーザビリティやエラーの確認

スマホでの使いやすさ(モバイルユーザビリティ)やエラーページの確認なんかも、サーチコンソールでできちゃいます。

スマホで使いづらかったりエラーがあるときは、その原因まで分析してくれるので、すぐに対処可能。

その他もサーチコンソールの機能はたくさんあるので、とりあえずWordPressでブログを開設したら、すぐにサーチコンソールを設定しましょう。

WordPressでGoogleサーチコンソールを設定する手順

WordPressでGoogleサーチコンソールを設定する手順
手順は3つ。

  1. サーチコンソールに登録する
  2. URLプレフィックスにサイトURLを入力する
  3. WordPressにHTMLタグを設置する

順に解説していきます。

手順①:サーチコンソールに登録する

まずはサーチコンソールに登録します。

下記URLから、サーチコンソールのサイトにアクセスして、「今すぐ開始」をクリック。
https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

手順1-1

自分のGoogleアカウント(メールアドレス)を入力して、「次へ」をクリック。
手順1-2

これで手順①は終了。

手順②:URLプレフィックスにサイトURLを入力する

サーチコンソールの登録が完了できたら、下記の画面が表示されます。

手順2-1

右側、「URLプレフィックス」にサイトURLを入力。
手順2-2

所有権の確認」が表示されれば、手順②は完了。

手順③:WordPressにHTMLタグを設置する

最後の手順です。

所有権の確認をするため、「HTMLタグ」をクリック。

手順3-1

HTMLタグをコピーする。

手順3-2

サイトのheadセクションに貼り付け。
(テンプレ「Jin」を利用されている方は、下記画像の場所に貼り付けです。)

手順3-3

HTMLタグの貼り付けが完了したら、サーチコンソールに戻って「確認」をクリック。

手順3-4

所有権を確認しました」と表示されれば、設定完了です。
手順3-5

お疲れ様でした。

サーチコンソールの設定完了後にやるべきこと

サーチコンソールの設定完了後にやるべきこと
これにてサーチコンソール設定は完了したわけなんですが、ここからはサーチコンソールの設定後にやるべきことを紹介します。

初心者がやるべきは主に2つ。

  • サイトマップの送信
  • 新規記事のインデックスリクエスト

それぞれ解説します。

やること①:サイトマップの送信

サーチコンソールの設定が完了したら、速攻でサイトマップを送信しましょう。

送信の手順は下記の通り。

①「GoogleXMLサイトマップ」というプラグインを導入。(GoogleXMLサイトマップの詳しい使い方を見る)

②下記画像のURLをコピーする。
サイトマップ1

③サーチコンソールのサイドメニューから「サイトマップ」を選択。
サイトマップ2

④「新しいサイトマップの追加」にコピーしたURLを入力して、送信をクリック。
サイトマップ3

以上で完了です。

あとはGoogleのクローラーが、自動であなたのサイトを巡回してくれます!

やること②:新規記事のインデックスリクエスト

新規記事を投稿したら、サーチコンソールを使ってインデックスリクエストしましょう。

①記事のURLを、サーチコンソールの上部にある検索窓に入力する。
インデックス1

②「インデックス登録をリクエスト」をクリック
インデックス2

③数十秒〜数分待って、下記の表示がでればリクエスト完了。
インデックス3

これで、新規記事がインデックス(検索エンジンに表示)されやすくなります。

新規記事を投稿→サーチコンソールでインデックスリクエスト

この流れをクセ付けましょう。

WordPressでサーチコンソール設定する方法:まとめ

WordPressでサーチコンソール設定する方法:まとめ
ブログで稼ぎたいなら、Googleサーチコンソールの設定は必須です。

というかサーチコンソールを設定しないと、Goolgeから認知されない可能性ありなので絶対設定してください。

本記事で紹介した使い方以外にも活用方法はたくさんあるので、サーチコンソールを使いこなして、素敵なブログライフを送りましょう!

ブログで月収5万円を目指した方向けの記事もあるので、ぜひ参考にどうぞ。

【初心者向け】アフィリエイトの始め方を解説|月5万円稼ぐ教科書

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる