ブログ

WordPressのおすすめプラグインは全6個【あとは全て不要】

WordPressのおすすめのプラグイン
困ってる人
困ってる人
WordPressのプラグイン、種類が多すぎて困る。どれを使えばのか分からない。おすすめだけ教えてよ。

本記事では、WordPressおすすめプラグインを厳選して6つ紹介します。

  • 導入すべきWordPressのプラグインがわかる
  • おすすめプラグインのそれぞれの役割が理解できる

先日僕は、こんなツイートをしました。

WordPressのおすすめプラグイン紹介。導入すべきは全部で6つ。

  • Google XML Sitemap
  • Autoptimize
  • EWWW Image Optimizer
  • Classic Editor
  • AddQuicktag
  • Broken Link Checker

基本的にこれだけでOKです。余分なプラグインは表示速度を遅延したり不具合の原因になるので、排除一択

結論は上記の6つです。それ以外は不要。

ちなみに、当ブログ「みなとノート」のサイト表示速度を載せておきます。

サイト表示速度

ぼちぼち高速です。

WordPressのおすすめプラグインは全6個

WordPressのおすすめプラグインは全6個
WordPressおすすめプラグインは、6つしか存在しません。それ以外は基本的に不要です。

おすすめプラグインはこちら。

  1. Google XML Sitemap
  2. Autoptimize
  3. EWWW Image Optimizer
  4. Classic Editor
  5. AddQuicktag
  6. Broken Link Checker

ひとつずつ解説していきます。

WordPress プラグイン おすすめ」で検索して、ヒットしたプラグインをすべて導入している人がいますが、表示速度が激遅になるのでやめましょう。

Google XML Sitemap

Google XML Sitemap」は、サイトマップを自動で作成してくれるプラグインです。

作成したサイトマップをGoogleサーチコンソールに送信すればOK。

詳しい設定は、バズ部の記事が参考になります
→Google XML Sitemapsの設定方法

サイト公開後や記事更新後に素早くGoogleクローラーを呼び込めるので、WordPress導入直後から設定必須です。

Autoptimize

Autoptimize」は、HTMLやCSS、Javascriptなどのソースコードを最適化(圧縮)するプラグインです。

サイトの表示速度改善に役立ちます。

下記画像の項目にチェックが入っていればOK。

Java
CSS
HTML

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer」は画像を劣化させることなく、自動で画像サイズを圧縮してくれるプラグインです。

こちらもサイト表示速度改善に役立ちます。

記事に画像を何枚か挿入すると思いますが、画像は読み込みに負荷がかかるのでサイト表示速度が遅くなります。

なので画像を圧縮して軽量化するのは、必須。

圧縮の方法は、下記の手順。

①メディアの「一括最適化」を選択。
一括最適化

「最適化されていない画像をスキャンする」をクリック。
最適化されていない画像をスキャンする

「最適化を開始」をクリック。
最適化を開始

以上で、画像圧縮完了です。

Classic Editor

WordPressは2018年12月のバージョンアップデートで、デフォルトエディターが「Gutenberg」というものになりました。

正直、アホほど使いづらいです。(ググれば分かりますが、かなり不評です)

そこで導入するのが「Classic Editor」。従来のテキストエディターを使えるようにしてくれます。

無条件で導入してOK。

AddQuicktag

AddQuicktag」は、面倒なタグ入力を1クリックでできるプラグインです。

作業効率化がアップします。

追加したタグは、投稿編集画面のテキストエディターに追加されていきます。

タグ一覧

詳しい使い方は、下記記事を参考に。
→AddQuicktag設定方法と使い方詳細解説

Broken Link Checker

Broken Link Checke」は、外部サイトへリンクを貼った中で、リンク切れを起こしていないかチェックしてくれるプラグインです。

ブログの記事数が増えてくると、リンク切れをひとつひとつチェックするのは手間がかかりますが、Broken Link Checkeは自動で発見してくれます。優秀ですね。

リンク切れはSEO的にマイナス評価を受けるので、ぜひ導入を。

設定はデフォルトでOKです。

WordPressおすすめプラグイン【番外編】

WordPressおすすめプラグイン【番外編】
WordPressテーマや、サイトの設定によっては必要になるプラグインを紹介します。

  • All in One SEO Pack
  • Akismet Anti-Spam
  • Contact Form 7

ひとつずつ解説します。

All in One SEO Pack

かなり有名なプラグインです。

導入すると、サイトや記事のタイトル、ディスクリプションなんかが簡単に入力できるようになります。

詳しい解説は、バズ部の記事を参考にどうぞ。
→All in One SEO Pack の設定方法と使い

ちなみに、僕は導入していません。

理由は、僕が使用しているWordPressテーマ「Jin」が非推奨だから。

All in One SEO Packがなくても、タイトルやディスクリプションを簡単に入力できるので、導入する必要なしです。

意外とAll in One SEO Packと相性が悪いWordPressテーマが増えてきたので、一度ご自身のテーマとの相性をググることをオススメします。

Akismet Anti-Spam

Akismet」 は、スパムと思われるコメントやトラックバックを自動判定してくれるプラグインです。WordPress をインストールするとデフォルトで入ってます。

ようはスパム対策ですね。

コメント欄を開放しているブログの場合は、有効化しておきましょう。

Contact Form 7

Contact Form 7」は、お問い合わせフォームを作成できるプラグインです。

お問い合わせページがある場合は、利用すべきです。綺麗なフォームができます。

無駄なWordPressプラグインは排除

無駄なWordPressプラグインは排除
以上でWordPressのおすすめプラグイン紹介は終了です。

  1. Google XML Sitemap
  2. Autoptimize
  3. EWWW Image Optimizer
  4. Classic Editor
  5. AddQuicktag
  6. Broken Link Checker

上記6つ以外は、基本的に不要。

無駄なWordPressプラグインは、サイトの表示速度を遅延したり、不具合の原因になるのではやめに排除することをオススメします。

その他、WordPress導入直後の設定は、下記記事も参考にどうぞ。

WordPressの設定を初心者向けに完全解説
【簡単】WordPressの設定を初心者向けに完全解説【パクリでOK】WordPressの設定方法に困っている初心者がたくさんいます。この記事では、そんなWordPress初心者に向けて、導入直後にやるべき設定を完全網羅します。とりあえずやっておくべき設定だけまとめたので、ぜひ参考にどうぞ。...

それでは、快適なWordPressライフを!

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる