Webマーケティング

Webマーケティング転職の志望動機の書き方とポイント3つ【経験者が語る】

Webマーケティング転職の志望動機
困ってる人
困ってる人
Webマーケティング業界に転職したいけど、志望動機ってどうすればいいんだろう?志望動機の書き方とかテンプレとかないのかな?

本記事では、Webマーケティング転職の際に使える、志望動機の書き方を解説します。

  • Webマーケティング転職の志望動機を書く際のポイントがわかる
  • 志望動機の例文を知れる
  • Webマーケに活かせるスキルが理解できる

先日僕はこんなツイートをしました。

Webマーケティング転職の志望動機。

  • Webマーケティングの知識があることを伝える
  • Webマーケティングをすでに実践していることを伝える
  • マーケスキルを習得したあとの将来設計を立てていることを伝える

上記3つが志望動機を書く際のポイントです。ちなみに僕は、2社受けて両方合格しました。

結論は上記でして、志望動機を書く際のポイントをこの記事で解説します。

ちなみに僕はWebマーケティング会社に転職を成功させた経験があり、現在も現役Webマーケターです。面接は割と得意です。

Webマーケティング業界の仕事内容については、下記記事で詳しくまとめたので、まだみてない人はぜひチェックです。

Webマーケティングの仕事内容は全部で4つ【習得までの流れも解説】

Webマーケティング転職の志望動機の書き方

Webマーケティング転職の志望動機の書き方
Webマーケティング会社に転職するときの、志望動機の書き方は3つのポイントを意識しましょう。

  • Webマーケティングの知識があることを伝える
  • Webマーケティングをすでに実践していることを伝える
  • マーケスキルを習得したあとの将来設計について

ひとつずつ、深掘りしていきます。

その①:Webマーケティングの知識があることを伝える

当然ですが、Webマーケティングのスキルがあることを伝えたほうが面接は有利に展開できます。

理由は即戦力として、捉えてもらえるから。

Webマーケティング業界は、とにかく変化が早い業界なので、対応できずにリタイヤする人も多いのが事実。

なので、すでにWebマーケに関する知識がある人は、かなり重宝されます。

ちなみに僕は面接のときに「どんなWebマーケティング用語を知ってますか?」と聞かれました。

とりあえず「SEO関係」と「リスティング広告関係」の用語はマストで押さえておいたほうがいいかなと思います。

その②:Webマーケティングをすでに実践していることを伝える

Webマーケティングの知識があるだけでなく、すでに自分で実践してる人は、相当合格率あがります。

自分でブログやアフィリエイトをしていたり、さらには広告運用なんかしてたりすると、速攻で合格できるかなと。

僕が面接の時は、「独学でアフィリエイトをして月1万円稼ぎました。」と伝えつつ、実際に作成したブログを面接官に見せました笑

これはかなり使えるテクニックで、すでにブログを持っている人は、面接中に必ず自分のブログサイトを見せましょう。

WordPressブログの作り方をまとめた記事もあるので、まだ自分のブログを持っていない人は、下記記事を参考にどうぞ。

WordPressブログの始め方|完全マスター講座【初心者向け】

その③:マーケスキルを習得したあとの将来設計について

あなたがWebマーケティングスキルを習得したあと、将来的にどうなりたいかを明確にしておくことが重要です。

Webマーケスキルをどう活かして、なにをなしとげたいのか。ここが明確になっている志望動機を展開できると、企業としても採用後のイメージがつきやすく好印象です。

ただ、将来的にフリーランスを目指している人は少し危険かもです。

Webマーケターは最終的にフリーランスを目指している人が多いですが、正直企業からすると社員に辞められるのは困りますよね…

なので、志望動機にはフリーランスのことは触れないほうが吉かなと。

Webマーケティング業界で活かせるスキル

Webマーケティング業界で活かせるスキル
ここまで志望動機を書く際のポイントを解説してきましたが、ここからはWebマーケティング業界で活かせるスキルについて、3つ紹介します。

  • コミュニケーション能力
  • 分析する能力
  • 情報収集能力

3つのポイントと合わせて、自己アピールに使えるものばかりです。

ひとつずつ解説していきます。

スキル①:コミュニケーション能力

Webマーケティング業界に限らず、コミュニケーション能力は最強のスキルです。

Webマーケティングと聞くと、PCと向かい合って黙々と作業しているイメージを持つかもしれませんが、実際はかなりコミュニケーションが必要な仕事です。

商品やサービスを売るためになにをどうするか、新規プロモーションではどんな施策をするか、意外にも毎日のようにミーティングします。

なので、自分の考えや意見を相手に伝えたり、相手の意見をまとめたりするコミュニケーション能力が必要でして、強みとなるスキルですね。

スキル②:分析する能力

Webマーケティングは当然、分析する能力が必要です。

基本的にWebマーケティングは「計画→実行→結果→改善」のPDCAサイクルをぶん回す仕事なので、結果に対する分析をする能力が問われます。

また数値をただ分析するだけでなく、分析した結果から次はどう改善提案するかが重要でして、ここらへんは多少のセンスが必要かもですね。

スキル③:情報収集能力

Webマーケティングの知識やノウハウは、日々変化します。

そんな変化についていくためにも、情報収集能力が必要です。

どんな情報をどれだけ集めて、それらをどのように分析してどう利用するのか。

日頃から情報収集のクセがある人は、かなり強みとなるスキルなので、全面的に押し出していきましょう。

Webマーケティング転職の志望動機の例文を紹介

Webマーケティング転職の志望動機の例文を紹介
基本的には、上述した「志望動機の書き方のポイント3つ」と「Webマーケ業界で活かせるスキル3つ」を混合させればOK。

もし、なにひとつアピールできることがない場合は、少し経験を積んだほうがいいかもです。

自分でブログを運用してみたり、SNSで集客をがんばったりなど、自分が語れる武器がないと、合格率は下がるかなと…

とうわけで、Webマーケティング転職の志望動機の例文を紹介します。

志望動機の例文①
今回貴社を志望した理由は、自分が独学で培った”情報収集能力”を貴社なら活かせると考えたからです。

私はこれまでWebマーケティング職に携わった経験はありません。

ですが、自分の身の周りのことを調べる際には単体の情報だけでなく、それにまつわる書籍やブログ記事を活用して情報を集めておりました。

Webマーケティングにおいては情報収集能力や分析力が必要だと考えておりますが、自身の日頃の行動の傾向からマーケティングに適した思考やデータを分析してより効率的な結論に結びつける力には自信があります。

情報分析スキルを活かして貴社の集客率向上に貢献させていただきたいと思います。

志望動機の例文②
今回貴社を志望した理由は、自分のブログを運用して個人の力で収益を発生させることができた経験に喜びと楽しさを感じたからです。

プライベートの時間を有効活用して半年前からブログを運用しているのですが、そこでSEO対策やHTML・CSS、さらにはリスティング広告を使った広告運用の経験も摘みました。

これまでWebマーケティング職の経験は一切ありませが、ブログを通してマーケティングの基礎知識はもちろんのこと、仮説を立てて行動し、結果を分析してそこから改善策を考える思考を習得しました。

貴社では主に、メディアサイトの担当としてこれまで培った経験を存分に発揮したいと考えております。

あくまで一例なので、参考までに。

経験談をもとに話を展開すると、志望動機はかなりスムーズに書けるかなと思います。

Webマーケティング転職の志望動機の書き方:まとめ

Webマーケティング転職の志望動機の書き方:まとめ
Webマーケティング転職の志望動機の書き方、まとめです。

  • Webマーケティングの知識があることを伝える
  • Webマーケティングをすでに実践していることを伝える
  • マーケスキルを習得したあとの将来設計について

本記事を書きながら思ったことは、やはり自分のブログは運用しておくべきかなと思います。

話も膨らませやすいですし、なにより自分自身のWebマーケスキルが向上します。

ブログ初心者向けのおすすめの本を解説した記事もあるので、こちらもぜひ参考にどうぞ。

ブログ初心者におすすめの本5冊【稼ぐための必読書】

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる