Webマーケティング

【2020年】Webマーケティング業界の年収を現役Webマーケターが公開

Webマーケティング業界の年収
困ってる人
困ってる人
Webマーケティング業界に興味があるけど、ぶっちゃけ年収ってどうなの?これからの期待値も込みで教えてくださいな。

本記事では、現役Webマーケターである僕が、Webマーケティング業界の年収について語ります。

  • Webマーケティング業界の年収相場がわかる
  • Webマーケターの今後の伸び代が理解できる
  • Webマーケティング業界に入ることで身に付くスキルがわかる

先日僕は、こんなツイートをしました。

Webマーケティング業界の年収。幅はありますが、新卒でも500万近くですね。正直Webマーケターは、稼げます。本業の年収が高いことはもちろん、副業にも生かせるので、かなりコスパの良い業界かなと。

ちなみに僕は、副業も合わせて手取り40万くらい。23歳にしては、ぼちぼちですかね。

上記の通りで、Webマーケティング業界は割と儲かります。

僕は2019年の2月に未経験でWebマーケティング業界に転職した、現役Webマーケターです。副業ブログの月収は10万円くらい。

Webマーケティング業界の年収を公開

Webマーケティング業界の年収を公開
Webマーケティング業界の年収の相場は、下記の通り。

  • 新卒:350〜500万円
  • 中堅:450〜700万円
  • ベテラン:700〜1000万円
  • フリー:1000万円〜青天井

Webマーケティング業界は、かなり稼げる業界であることは間違いありません。

基本的にベンチャー企業が多く、うまく大手企業と組めれば、破格の報酬が手に入るかなと。

年功序列」みたいなこともなく、結果でみてもらえる企業がほとんどなので、20代で1000万円超えとかも普通にあり得る世界です。

ちなみに僕は、22歳で未経験からWebマーケティング業界に転職して、本業だけの年収は450万円〜500万円くらい。同世代の中では、平均より稼いでいる感じですかね。

【予想】Webマーケターの年収は伸び続ける

【予想】Webマーケターの年収は伸び続ける
Webマーケターの年収は、今後もぐんぐん伸び続けるはずです。

これはあくまで予想ですが、割と確信も持っていまして、その理由は3つ。

  • Webマーケティング業界自体が伸びている
  • 柔軟性・応用力が高い
  • 希少価値が高く、転職しやすい

順番に解説していきます。

理由①:Webマーケティング業界自体が伸びている

Webマーケティング業界自体が、毎年ぐんぐんと伸びています。

インターネット広告

2019年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析

広告業界最大手「電通さん」のデータを少しお借りします。上記画像の通りで、インターネット広告費用は今後も伸び続けると予測できます。

それに伴って、Webマーケターの需要も高まり、自然と年収はアップです。

ちなみにWebマーケティングの仕事内容は難しそうに思われがちですが、意外と簡単です。

Webマーケティングの仕事内容は全部で4つ【習得までの流れも解説】という記事でも解説していますが、基礎知識を習得して、あとは実践で数をこなしまくれば、誰でもできるかなと。

  1. 平均的な知識やスキルでも結果がでる
  2. 年収が上がる
  3. 自信がついて、やる気が出る
  4. さらに結果が出せる

Webマーケター、最高です。

理由②:柔軟性・応用力が高い

Webマーケティングのスキルって、とにかく柔軟性があり、応用が効きまくりです。

ブログだったり、YouTubeだったり、SNSだったり、とにかくWeb上で展開されている媒体であれば、ある程度適応できます。

僕自身も副業でブログをしていますが、ここまですんなり収益化の仕組みを構築できたのは、間違いなくWebマーケティングスキルのおかげ。

近年、1年単位で変化している業界ですが、すぐに適応できる応用力があるので、そういった意味で、Webマーケターは割と最強な職業に位置するのかなと思ってます。

理由③:希少価値が高く、転職しやすい

日本企業のWebマーケティングスキルは、かなりヘボいんですが、それがゆえにWebマーケターの希少価値はかなり高めです。

Webマーケターとして人並みのスキルがあるだけ割と重宝されますし、それに伴って企業もWebマーケターの転職者を求めていますからね。

必然的に年収はあがります。

僕は前職で自動車メーカーでエンジンを研究開発していましたが、そこで学ぶスキルは「自動車業界」でしか通用しないものばかり。

こういった特定の分野でしか通用しないスキルは、極めたところで正直微妙かなと。

ちなみに、Webマーケティング業界に転職するなら、下記の転職エージェントの利用がおすすめです。

doda
業界最大手の転職エージェント。求人の質も高く、登録必須。
dodaの公式サイトを見る

リクルートエージェント
国内最大の実績を誇る。案件数がとにかく多いので安心。
リクルートエージェントの公式サイトを見る

マイナビエージェント
みんなご存知の大手。案件数が多く、非公開求人の数も多いので良案件が豊富。
マイナビエージェントの公式サイトを見る

Webマーケティング業界に入ると年収以上のスキルが手に入る

Webマーケティング業界に入ると年収以上のスキルが手に入る
僕はWebマーケティング会社に転職して1年が経過しましたが、年収以上に価値のあるスキルが身に付くことに気がつきました。

それが、下記の2つ。

  • ブログやYouTubeで個人で稼ぐスキル
  • 時流(お金の動き)を読むスキル

ひとつずつ深掘りしていきます。

スキル①:ブログで個人で稼ぐスキル

Webマーケティング業界に入ると、ブログで稼ぐスキルが身につきます。

正直な話、ブログってWebマーケティングの集合体みたいなものなので、会社で学んだスキルを活かすと、ブログ月収5万円くらいなら余裕で稼げます。

  1. 本業でWebマーケティングスキルを学ぶ
  2. 副業で実践する

これだけでOK。

ブログだけに限らず、YouTubeやSNSでも稼げるので、応用力が半端ないスキルですね。

ちなみに僕は、副業ブログを開始して半年で月収5万円を達成して、7ヶ月目で月収10万円を達成しました。

スキル②:時流(お金の動き)を読むスキル

Webマーケティング業界は、とにかく変化が激しい業界で、常に新鮮な情報が入ってきます。

  • いま若者はなにに熱中しているのか
  • どんなテイストのミュージックが流行っているのか
  • どのSNSが最も利用率が高いのか

ここらへんの時代の流れ(時流)を読むスキルが身につくので、時代に取り残される心配なしです。

そして時代の流れに乗るだけで、それなりに稼げます。楽勝ですね。

以上の2つが、僕が年収以上に価値を感じたスキルでして、2020年は副業でこのスキルを活かして、稼ごうかなと考えてます。乞うご期待。

Webマーケティング業界の年収:まとめ

Webマーケティング業界の年収:まとめ
Webマーケティング業界の年収、まとめです。

  • 幅は広いけど、新卒でも500万円近くいくことも
  • 今後もWebマーケターの年収は右肩上がり
  • 年収以上に価値のあるスキルが習得できる

1年間業界にどっぷり漬かってみて、マジでおすすめの業界だと感じました。

もしWebマーケティング業界に少しでも興味があるなら、おそらく今の業界より楽しい&稼げる&タメになる、だと思うので、思い切って転職するのもありかなと思います。

Webマーケティングの仕事内容をまとめた記事もあるので、ぜひ参考にしてください。

Webマーケティングの仕事内容は全部で4つ【習得までの流れも解説】

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる