Webマーケティング

Webマーケティング業界の将来性を考察【今後も伸びる】

Webマーケティング業界の将来性
困ってる人
困ってる人
Webマーケティング業界の将来性って、ぶっちゃけどうなんだろう?今後も伸びる見込みあるなら、転職も考えてるんですよね。

本記事では、Webマーケティング業界将来性について、現役Webマーケターが解説します。

  • Webマーケティング業界の将来性について理解できる
  • Webマーケティング業界の現状がわかる

先日僕は、こんなツイートをしました。

Webマーケティング業界の将来性について。正直、伸びる一方だと思います。移り変わりが激しい業界ですが、常に需要がありつつ、人材は毎年増加傾向にありますね。個が強くなるこれからの時代において、Webマーケティングは必須スキルなので、割とおすすめ。

上記の通りで、恐らくこれからも業界全体は伸び続けます。

ちなみに僕は本業でWebマーケターをしており、副業ブログの月収は10万円ほど。Webマーケを学ぶと、これくらい安定して稼げるようになります。

Webマーケティング業界の現状

Webマーケティング業界の現状
Webマーケティング業界将来性について触れる前に、まずは業界の現状について解説します。

結論から言うと、毎年伸びまくってます。

理由は単純で、インターネットやスマートフォンの普及で、Web上で集客から販売までを完結させることが当然になったから。

企業も独自のコーポレートサイトやメディアサイトを持つことが当たり前になり、むしろWebを利用しないと、ライバルサイトに顧客を全部とられてしまう勢いです。

さらにWebにかける「広告費」も年々増加しており、広告業界最大手の「電通」が出したデータによると、2019年の広告予算のうち、約3割がインターネット広告であったという結果も出ています。

総広告費におけるそれぞれの構成比は、マスコミ4媒体が37.6%、インターネットが30.3%、プロモーションメディアが32.1%です。マスコミ4媒体のうちテレビメディアは26.8%でした。2014年以来2桁成長を続けるインターネット広告の構成比が、テレビメディアの構成比を上回りました。
引用:「2019年 日本の広告費」解説―インターネット広告費が6年連続2桁成長、テレビメディアを上回る

インターネット広告費が拡大する一方で、新聞・雑誌で使われる広告費は毎年徐々に減少。

テレビの広告費もこれ以上伸びる見込みはなく、今後もWebマーケティング業界の成長はほぼ確定しているようなものですね。

Webマーケティング業界の年収(ざっくり)

Webマーケティング業界のざっくりとした年収は、次の通り。

  • 新卒:350〜500万円
  • 中堅:450〜700万円
  • ベテラン:700〜1000万円
  • フリー:1000万円〜青天井

新卒でも500万円近くもらえることもあり、完全実力主義の世界ですね。

ちなみに僕は、22歳で未経験からWebマーケティング業界に転職して、本業だけの年収は450万円〜500万円くらい。同世代の中では、平均より稼いでいる感じですかね。

年収に関する詳しい話は、下記の記事でも解説しているので、よかったらどうぞ。
【2020年】Webマーケティング業界の年収を現役Webマーケターが公開

Webマーケティング業界の将来性【今後も伸びる】

Webマーケティング業界の将来性【今後も伸びる】
Webマーケティング業界の将来性について、言うまでもなく今後も伸び続けます。

Webマーケターの需要は増え続けている

Webマーケティングする人、いわゆる「Webマーケター」は圧倒的人手不足でして、近年企業も採用に力を入れてきてますが、抱えこめていないのが現状ですね。

そもそもマーケティングスキルを習得している人が少ないため、Webマーケターの需要は高まりつつも、供給が追いつかないイメージ。

転職サイト「doda」の求人情報で、下記のようなデータを見つけました。

  • Webマーケティング:940件
  • マーケティング:7,500件
  • デジタルマーケティング:1,000件

多少、重複してるとは思いますが、他の業界と比べても相当多いほうです。

一応比較対象として、Webデザイナーと不動産営業の求人数を紹介しておきます。

  • Webデザイナー:300件
  • 不動産営業:300件

こんな感じでWebマーケターの需要は、常にありまくりです。

一応僕がおすすめする、転職エージェントを紹介しておきます。

doda
業界最大手の転職エージェント。求人の質も高く、登録必須。
dodaの公式サイトを見る

リクルートエージェント
国内最大の実績を誇る。案件数がとにかく多いので安心。
リクルートエージェントの公式サイトを見る

マイナビエージェント
みんなご存知の大手。案件数が多く、非公開求人の数も多いので良案件が豊富。
マイナビエージェントの公式サイトを見る

質問:AIによって人のWebマーケティングは不要にならない?

AI(人工知能)の発展によって、マーケティングもAIにおまかせしたほうが成果が出るという説もあります。

確かに、AIによる仕事の自動化に関しては、間違いなくWebマーケティング業界にも影響を及ぼしますが、とはいえ、それはプラスの方向に動くかなと予想してます。

例えば、リスティング広告の最適予算を自動で算出したり、リターゲティングで最適なアプローチをかけたりですね。業務効率は間違いなくあがります。

そしてWebマーケター(人間)は、AIでは算出できない「人間の心理や行動フロー」といった、マーケティングの本質部分だけに集中できるようになるかなと。

いくらAIでも人間独自の創造性や知性は超えられないため、恐らくすべてのWebマーケティングをロボットが行うことはありませんね。

Webマーケティング業界の将来性:まとめ

Webマーケティング業界の将来性:まとめ
Webマーケティングの将来性について、まとめます。

  • Webマーケティング業界は現在進行形で急成長中
  • 今後も伸びる見込みがあり、将来性は素晴らしい
  • Webマーケターの需要がありすぎる

僕も未経験の状態でWebマーケ業界に飛び込んでみて、可能性の高さを改めて感じてます。

マーケティングスキルはブログやYouTube、SNSにも活かせるので、個人が輝ける今の時代に、習得しておいて損ないスキルが身につきます。

Webマーケティングの仕事内容をまとめた記事もあるので、興味がある方はぜひご覧ください〜

Webマーケティングの仕事内容は全部で4つ【習得までの流れも解説】

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる