動画配信サービス

動画配信サービス(VOD)とは?メリット・デメリットやおすすめサービスを紹介

動画配信サービスとは
困ってる人
困ってる人
前から気になってたけど、VODってなに?なんか動画が見れるサービスってのは聞いたことあるけど、いまいちよくわからん。初心者にも分かりやすく教えてくださいな。

本記事では、動画配信サービス(VOD)の全知識を解説します。

  • 動画配信サービス(VOD)とは?が、解消される
  • メリット・デメリットも明確になる
  • 初心者向けにおすすめの動画配信サービスも紹介

この記事を書いている僕は、本業でWebマーケターをしており、Webサービスにそれなりに精通してます。僕自身、VODはかれこれ2年ほど利用してまして、ヘビーユーザーです。

そんな僕が、今回「動画配信サービスとは?」を解説します!

動画配信サービス(VOD)とは

動画配信サービス(VOD)とは
動画配信サービスとは、Web上で映画やドラマ、アニメなどの動画を配信するサービスのことです。

通称”VOD”と呼ばれてまして、ビデオオンデマンド(Video On Demand)の頭文字3つをつなげてます。

スマートフォンの普及やインターネット回線の高速化によって、VODの市場規模はどんどん拡大していますね。

最近だとコロナウイルスの影響で、自宅で時間を過ごす人が増え、それに伴って動画配信ササービスの利用者も爆発的に増加しています。

動画配信サービスのメリット4つ

動画配信サービスのメリット4つ
動画配信サービスのメリットは、4つです。

  • 月額料金で動画が見放題
  • 無料トライアル期間がある
  • ネット環境があればいつでもどこでも視聴可能
  • 退会が自由にできる

上から順番に解説していきます。

メリット①:月額料金で動画が見放題

動画配信サービス(VOD)の料金体系として、基本的には月額です。(一部、課金体系もある)

つまり、月額料金を支払えば、その1ヶ月間はどれだけ動画も見ても、追加料金が一切とられないということ。

月額料金のメリットとして、ドラマやアニメなどの「長編作品」をみる際に、かなり便利ですね。

どれだけ見ても追加料金はかかりませんし、「4巻だけレンタルされてる!」という心配もなくなります。

懐かしの過去作品やうっかり見逃してた作品も、検索ですぐに見つけられるので、無限に動画を見続けられます。

メリット②:無料トライアル期間がある

動画配信サービスは多数存在しますが、どのサービスも無料トライアル期間というものが存在します。

実はこれ、かなりのメリットでして、無料でお試ししてみることで「失敗」することを未然に防ぐことができます。

無料トライアル期間中は、月額料金を支払ったときと同じサービスを利用できるので、無料期間内にじっくり試してみて、自分にマッチしてるかどうかを判断できます。

メリット③:ネット環境があればいつでもどこでも視聴可能

数年前まで、映画やアニメをみるには「テレビ」しか選択肢がありませんでしたが、時代は一気に進みましたね。

ネット環境さえあれば、テレビに限らずスマホ・PC・タブレットなど、色々な媒体で動画を視聴できます。

わざわざレンタルビデオ屋に行く必要もありませんし、番組表なんかもないので、自分の好きなペースで、好きな動画を、好きなだけ楽しむことができるってわけです。

メリット④:退会が自由にできる

動画配信サービスは月額支払いなので、1ヶ月単位で退会も自由です。

退会手続きも超簡単で、作品の内容やお財布事情に合わせて、気軽に退会できます。

また一度退会しても、すぐに再入会できるので「来月は仕事が忙しくてVODをほとんど利用できないから、来月だけ退会しよう」なんてこともできちゃうんです。

これも立派なメリットかなと。

動画配信サービスのデメリット3つ

動画配信サービスのデメリット3つ
一応、動画配信サービスのデメリットも紹介。

  • 通信量がかかる
  • 最新作は基本的に少なめ
  • クレジットカード払いしかない

デメリットというレベルではありませんが、知識として持っておいた方がいいかもです。

デメリット①:通信量がかかる

当然ですが、動画配信サービスを利用すると、通信量がかかります。

これはテレビ番組やDVDと比較すると、若干デメリットに写るかもしれませんね。

Wi-Fiがあれば問題ありませんが、スマホの通信をそのまま使用して動画を見ていると、すぐに速度制限になるかも。

なので、動画配信サービスをちゃんと楽しみたいのであれば、家のWi-Fi環境は整えておくべきですね。

デメリット②:最新作は基本的に少なめ

最新作は、割と少なめです。

基本的には、過去作品が見放題でして、映画館で絶賛公開中の映画が、そのままVODでも見れるなんてことは、まずありません。

なので、「過去作品じゃなくて、最新作がいますぐ見たい!」という人には、あまり向かないかも。

デメリット③:クレジットカード払いしかない

動画配信サービスは、基本的にクレジットカード払いです。

このご時世、クレジットカードが無いという人は少ないと思いますが、一応デメリットとして紹介しておきます。

と、こんな感じで、大したデメリットはありませんってこと。

動画配信サービスの種類4つ

動画配信サービスの種類4つ
一口に「動画配信サービス(VOD)」と言っても、実はいくつか種類があります。

種類は全部で4つ。

種類①:AVOD(広告無料型動画配信サービス)

AVODとは、動画の途中に広告を入れることによって利用者が無料で利用できる動画配信サービスのことです。

AVOD形式の有名どころだと、

  • YouTube
  • ニコニコ動画
  • GYAO!

なんかが該当します。

映画やアニメなどはほとんどなく、個人が撮影した動画なんかが主な動画ですね。

種類②:SVOD(定額型動画配信サービス)

SVODとは、定額型の動画配信サービスです。

一般的にVODと言うと、このSVODがイメージされることがほとんどかなと。

動画配信サービスの基本体系でして、「U-NEXT」や「Hulu」、「Netflix」などが該当します。

種類③:TVOD(レンタル型動画配信サービス)

TVODは、作品を視聴するごとに料金が発生するタイプでして、料金を支払うことで一定期間視聴できるようになります。

イメージとしては、Web上でDVDをレンタルする感覚に近いかなと。

AmazonプライムビデオU-NEXTなんかは、TVODとSVODを組み合わせて、サービスを展開しています。

種類④:EST(ダウンロード型動画配信サービス)

ESTとは、作品を視聴するために、Web上で購入する(ダウンロードする)形式です。

TVODは一定期間視聴可能だったのに対して、ESTは一度料金を支払えば、一生動画を視聴することができます。(ダウンロードしてるので)

ざっと、4種類存在しましたが、最近の動画配信サービスは複数種類を掛け合わせてるものが多いので、なんとなくで覚えておくといいかなと思います。

初心者におすすめの動画配信サービス3選

初心者におすすめの動画配信サービス3選
最後に、初心者におすすめの動画配信サービスを3つ紹介します。

U-NEXT

U-NEXT
  • 動画配信数:15万以上
  • 月額料金:1,990円(ポイント付与で実施790円)
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 視聴可能端末:スマホ・PC・TV・PS4など

僕が一番おすすめする動画配信サービスは、U-NEXTです。コンテンツ数が他のサービスと比較しても、抜群に多いのが特徴。

さらに、動画だけでなく、漫画や雑誌などの電子書籍も取り扱っているため、コスパ最強ですね。

U-NEXTの無料トライアルをお試しする

Hulu

Hulu
  • 動画配信数:5万以上
  • 月額料金:933円
  • 無料トライアル期間:14日間
  • 視聴可能端末:スマホ・PC・TV・PS4など

Huluも、かなりおすすめできます。月額933円で、配信しているすべての動画が完全見放題でして、特に海外ドラマ・海外映画の種類が豊富に揃っています。

「海外作品を中心に楽しみたい!」という人は、迷うことなくHuluを選択しましょう。

Huluの無料トライアルをお試しする

FODプレミアム

  • 動画配信数:2万以上
  • 月額料金:888円(毎月1,300ポイント付与)
  • 無料トライアル期間:1ヶ月間
  • 視聴可能端末:スマホ・PC

FODプレミアムは、日本のテレビ局「フジテレビ」が運営している動画配信サービスでして、過去のドラマやバラエティ番組を視聴できるのが特徴。

動画の配信数こそ、若干少ないものの、懐かしの作品が見れるのは嬉しいですね。

さらに無条件で毎月1,300ポイントもらえて、ポイントを使って電子書籍を購入することができます。かなりお得。

FODプレミアムの無料トライアルをお試しする

動画配信サービス(VOD)とは:まとめ

動画配信サービス(VOD)とは:まとめ
動画配信サービス(VOD)について、まとめます。

  • VODとは、ネット上で動画を配信するサービスのこと
  • 定額で動画が見放題
  • 通信量がかかるので、そこだけ注意

コロナで外出自粛しているいま、家で楽しむためには動画配信サービスの利用が最適かなと思います。

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる