SEO

SEO対策において重要なタグ5選【ブロガーは対策必須です】

SEO対策に重要なタグ
困ってる人
困ってる人
SEO対策をもっと頑張りたいです。これだけは対策しておくべき重要なタグってありますか?

本記事では、SEOにおいて絶対に対策しておくべき重要なタグ5選を紹介いたします。

  • SEO対策に強くなる
  • 結果、ブログの評価があがる

先日僕は、こんなツイートをしました。

SEO対策において重要なタグ。

  • titleタグ
  • 見出しタグ(hタグ)
  • metaタグ(ディスクリプション)
  • リストタグ
  • canonicalタグ

とりあえず、この5つは対策必須かなと。クロールする際に真っ先にチェックされるので、適当にしている人、要注意です。

上記の通りで、SEOと関係の深いタグは対策必須ですね。

この記事を書いている僕は現役Webマーケターでして、企業メディアサイトの監修やSEO担当なんかをしています。なので、SEOにはちょっぴり詳しいです。

SEO対策とタグの関係性

SEO対策とタグの関係性
本題に入る前に、まずはSEO対策HTMLタグの関係性について明確にしましょう。

そもそもGoogleのクローラーは、HTMLで記述されたコードを読み解き、そのページの内容を理解し、そして評価します。

つまり、Googleに対してページ内容を適切に伝えるためにも、正しくHTMLを記述する必要がある、ということ。

そして、本記事では、その中でも特にSEOに影響すると言われている5つのHTMLタグを解説します!

SEO対策において重要なタグ5選

SEO対策において重要なタグ5選
SEO対策において重要なタグ5選はこちら。

  • titleタグ
  • 見出しタグ(hタグ)
  • metaタグ(ディスクリプション)
  • リストタグ
  • canonicalタグ

順番に解説していきますね。

その①:titleタグ

SEO対策を意識する上で、「titleタグ」が最も重要なタグかもしれません。

その名の通り、そのページの記事タイトルを表す役割をになっているタグです。

titleタグが重要な理由は、クローラーは記事タイトルを読み取って、大まかな記事内容を把握するから。

さらに、ユーザーも検索結果の表示の中から記事タイトルを見て、クリックするかどうかを判断するため、クローラービリティ的にもユーザビリティ的にも非常に大切なタグですね。

そして、SEOに強いtitleタグの作成方法は、以下の3ステップ。

  1. SEOキーワードを無条件でセット(左寄せ)
  2. 記事内容を1行で表現する(28〜32文字以内)
  3. 魅力的な単語・フレーズを1個以上入れる

詳しい内容は、下記記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

SEOに強い記事タイトルの付け方【簡単3ステップ/効果抜群】

その②:見出しタグ(hタグ)

見出しタグは、h1~h6で構成される、記事の見出しを表すタグのことですね。

Googleのクローラーは、見出しタグを読み解くことで、記事全体の構成を把握するため、これまた重要なタグ。

記事の目次の役割も果たすので、見出しタグが適当だと、記事の品質が著しく低下します。

見出しタグを作成する上で意識すべきポイントは次の3つ。

  • 番号順に設置する
  • SEOキーワードを入れる
  • 見出しタグだけで記事概要を伝える

とりあえずこの3つは絶対に守りましょう。

見出しタグに関する詳しい内容は、下記記事で解説しております。

ブログの見出しタグ(hタグ)を一瞬で最適化する方法【SEO対策】

その③:metaタグ(ディスクリプション)

metaタグとは、主にメタディスクリプションのことを表し、ページの概要を記述します。

メタメタディスクリプションの記述内容は、検索結果に表示されます。

下記画像の赤枠部分ですね。

メタディスクリプション

Googleもメタディスクリプションの最適化を推奨しておりまして、下記2つを意識して作成しましょう。

  • SEOキーワードを入れる
  • 120文字程度で記述する

メタディスクリプションの書き方について、テンプレも用意しましたので、気になる方は下記記事をぜひどうぞ。

メタディスクリプション(meta description)の書き方【テンプレ教えます/パクりでOK】

その④:リストタグ

4つ目は、リストタグです。箇条書きを示すタグですね。

箇条書きをリストタグで記述することで、記事内容が検索エンジンに認識されやすくなり、確実にSEO対策になります。

また、リストタグには「黒点リストタグ(ulタグ)」と「番号付きリストタグ(olタグ)」の2種類があり、ここの使い分けもかなり重要。

詳しい内容は、下記記事で解説してますので、暇なときに読んでみてね。

【現代版】SEO内部対策を初心者向けにすべて解説【全9個】

その⑤:canonicalタグ

最後の重要タグは、「canonicalタグ」です。

あまり聞き慣れないタグかもですが、SEO対策をする上ではかなり重要。

役割としては、URLを正規化するためのタグでして、ようは同じページに複数のURLからアクセスできる場合に、canonicalタグを使うことで評価を分散させず、1つのページに集中させる効果があります。

またブログ記事を更新し続けていると、似たような内容の記事を作成することがありまして、そんな時もcanonicalタグで1つの記事を指定することで、評価を統一できるってわけ。

かなり便利なタグなので、覚えておくといいかなと。

SEO対策において重要なタグ5選:まとめ

SEO対策において重要なタグ5選:まとめ
SEO対策において重要なタグ、まとめです。

  • SEO対策とタグは密接な関係がある
  • 記事タイトルを示す「titleタグ」
  • 記事構成を示す「見出しタグ」
  • 記事概要を示す「metaタグ」
  • 箇条書きを示す「リストタグ」
  • 評価を統一する「canonicalタグ」

上記は最適化必須なので、まだできていない方は、いますぐ最適化しましょう!

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる