SEO

SEO対策になるブログ記事の文字数は存在しない話【調べても無駄です】

ブログ記事の最適な文字数
困ってる人
困ってる人
ブログ記事って、最低何文字書けばいいんだろう?無駄に文字を書くのはダルいし、SEO対策になる文字数をサクっと教えてよ

残念ですが、ブログ記事の文字数に正解はありません…

本記事では、ブログ記事文字数に正解はない理由を解説しつつ、文字数の考え方を紹介します。

  • SEOに強い文字数は存在しない理由が理解できる
  • ブログ記事をどう書けばいいのかが分かる

先日僕は、下記のツイートをしました。

ブログ記事文字数について。
【質問】SEO対策に必要な文字数はいくつですか?

【僕の回答】正解はありません。大事なのは「読者の悩み」を解決すること。

あなたの記事はGoogleのために書いているわけではないですよね。解決できるなら1000文字でもいいですし、必要なら5000文字でもOK。

結論は上記の通りで、深掘りします。

ちなみに僕は本業でWebマーケターをしており、企業のメディアサイトのSEO監修なんかをしています。記事のクオリティチェックなんかもするので、割と信憑性ありかなと。

SEO対策に強いブログ記事の文字数はない

要所を読む人
SEO対策に強いブログ記事の文字数は、存在しません。

理由は、読者の満足度は文字数で決まらないから。

文字数が少なくても、読者の悩みをすべて解消できれば満足度は高まります←Googleからの評価も上がります。

ですが、文字数がいくら多くても読者の悩みを解消できなければ、満足度は低めです←Googleからの評価も微妙です。

なので、SEO対策に強いブログ記事の文字数に、正解はありません。

SEOキーワードによって必要な文字数が変わる

さらに言うと、SEOキーワードによってブログ記事に必要な文字数が変わります。

【SEO対策】【SEO対策 pタグ】というキーワードで比較してみます。

【SEO対策】の場合

まずは「SEO」について解説が必要。そして、内部対策と外部対策に分かれることを説明して、さらに細かく細分化することになります。必要な文字数は、かなり多めですね。

【SEO対策 pタグ】の場合

SEO対策からみた、pタグに関する情報のみを求められます。pタグの概要と具体的な使い方を解説するだけなので、文字数は比較的に少なめです。

かなりざっくりの比較ですが、SEOキーワードによって文字数が変わる理由は分かりましたかね。

なので、そもそも「ブログ記事に必要な文字数」を定めようとするのが間違い。ナンセンスです。

ブログ記事は読者を満足させられたら終了

ブログ記事は読者を満足させられたら終了

質問です。

そもそも、ブログ記事は誰のために書いていますか?

答えは、「読者」です。

読者がいないと、あなたのブログ記事の存在意義はゼロ。

なので、ブログ記事の執筆は読者を満足させられた時点で終了。

ブログは決して、Googleのために書いているわけではないですね。

困ってる人
困ってる人
確かに。でも、SEO対策はGoogleのためにやるよね?

SEOを求めすぎなくてOK

最低限のSEO対策ができていれば、正直それ以上は求めなくてOKかなと。

求めてもいいですが、労力の割にそこまでGoogleの評価は変わりません。

必要以上にSEO対策に時間を使うよりも、新たな記事を執筆したり、サイトデザインを整えたり、SNSを頑張ったりしたほうが有益かなと思います。

SEO対策にとらわれすぎても、読者は付きませんよ。読者を最優先で考えながら、記事執筆を心がけましょう。

最低限おさえておくべきSEO内部対策をまとめた記事もあるので、ぜひ参考にどうぞ。

SEO内部対策の全知識
【現代版】SEO内部対策を初心者向けにすべて解説【全9個】SEOの内部対策のやり方に困っていませんか?この記事では、今日から実践できるSEO内部対策をすべて解説します。初心者の方でもできる内容なので、ぜひ参考にしてくださいね。...

ブログ記事は2000文字を目安にする

ブログ記事は2000文字を目安にする
ブログ記事の文字数について正解はないと言いましたが、とはいえある程度の指標は欲しいですよね。

あくまで個人的な意見ですが、初心者ブロガーさんは2000文字をひとつの目安にするのがいいかなと思います。

理由は、2000文字ほど書けば最低限の情報は網羅できるから。

困ってる人
困ってる人
2000文字!?結構多いな…

最初はハードル高めに感じるかもですが、慣れれば問題なし。むしろ余裕です(断言)

解決策は数をこなすしかないので、読者の悩みを解決するこを第一に考えつつ、ひたすら作業です。ファイトです。

2000文字と言いましたが、決して2000文字書けばなんでもOKというわけではありません。よくわからない人は、この記事をもう一度最初から読んでください。そして本質を理解してください。

記事の文字数を増やすには見出しを追加する

少しテクニックです。

ブログ記事の文字数を増やすためには、見出しを追加するのがかなり効果的。

理由は、自然と文字数を増やせるから。

言い回しを変えたり単語を置き換えたりして、無理に文字数を増やそうとすると、正直きついです…

なので、文字数を増やしたい場合は見出しを追加しましょう。

ブログ記事の品質は文字数で決定しない

ブログ記事の品質は文字数で決定しない
ブログ記事の品質は、文字数で決定するわけではありません。

あくまで読者の悩みをどれだけ解消できたか、読者をどれだけ満足させられたかによって決まります。

SEO対策に注力することも重要ですが、一番は読者を大切にすることかなと。

あまり文字数にとらわれすぎず、良質な記事を量産していきましょう。

今日はここまで。お疲れ様でした。(ちなみに、この記事は2158文字でした)

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる