ノート

物を壊せる部屋「REEAST ROOM(リーストルーム)」を徹底解説!

リーストルーム

みなさんは抱えたストレスをどのように解消していますか?

音楽を聴いたり、運動をしたり、読書をしたりと人によってストレス解消法は様々です。

中には、物に当たってしまう人もいるのではないしょうか。確かに物を思い切り壊すと、スッキリしますよね!

海外では、数年前から破壊衝動を満たしたい顧客に向けた”物を壊すサービス“が大流行しています。

テレビやパソコンのような電化製品や茶碗やコップなどの割れ物を、壁に投げつけたりバットで叩いたり、想像しただけでも気持ち良さそうですよね。

そして、なんと日本にも物を好きなだけ壊せるサービスがついに誕生したようです。

その名も「REEAST ROOM(リーストルーム)」。

本記事では、そんな「REEAST ROOM」の詳細内容や利用料金、口コミを徹底的に解説します。

この記事を読み終えたあなたは、間違いなく破壊衝動にかられることでしょう。間違っても自分の身の回りの物を壊さないように注意してください。

物を壊しまくる部屋「REEAST ROOM(リーストルーム)」

物を壊しまくる部屋「REEAST ROOM(リーストルーム)」
物が壊せる新感覚エンターテイメントサービス“として今話題のREEASTROOM(リーストルーム)

とにかく物を壊しまくることを目的としており、日頃のストレスを発散しようと男女問わず多くの顧客が利用しています。

サービス開始から爆発的人気を誇っていますね。

松本人志さんがコメンテーターを務め、話題のニュースについて討論する番組「ワイドナショー」でも、長尺で取り上げられました。

ワイドナショーとは

東野幸治らがMCを務め、コメンテーターに松本人志と豪華有名人を迎え、芸能ニュースから時事問題までさまざまなテーマで徹底討論します。普段、ワイドショーで取り上げられる側の人間が、コメンテーターとして独特な感性で捉えた持論を展開していく人気番組です。

本能的自我が表現できる空間“をコンセプトにしており、本来やってはいけない物をぶっ壊したいという人間の本能的欲求を合法的に叶えることができる空間です。

刺激的かつ非日常体験をすることができ、今後も利用者は増え続けるでしょう。

REEAST ROOM(リーストルーム)のポイント4つ

REEAST ROOM(リーストルーム)のポイント4つ
リーストルームのポイント4つを紹介します。

  • 壊せる物は色々ある
  • 安全面にも、細心の配慮
  • 罪悪感を感じない工夫がされている
  • 数種類のコースから選択する

ひとつずつ解説します。

ポイント①:壊せる物は色々ある

人間誰しもが一度はやってみたいと考えたこと、物を壊すという行為

それを実現できる夢のような空間では、一体どんなものが壊せるのか調査したところ、本当に色々なものが壊せるようです。代表例を紹介しますね。

電子機器家電製品ガラス製品
パソコン電子レンジガラスコップ
液晶テレビ小型プリンター
キーボードステレオ空き瓶

これらを壁に投げつけたり、金属バットで叩いたりして壊しまくります。

想像するだけでも楽しそうですよね!

ポイント②:安全面にも、細心の配慮

安全面について心配する声も上がっていますが、全く問題なく細心の注意を払っているようです。

電化製品や精密機械、茶碗やコップなどを壊すので、部品やガラスの破片が部屋中に散乱していますが、利用者が怪我をしないように下記の防具(服装)の着用が義務付けられています。

  • ヘルメット(頭)
  • フェイスガード(顔)
  • つなぎ(全身)
  • 手袋(手)
  • 安全靴(足)

防御力最強の完全フル装備で、怪我の心配が一切ないため心置きなく破壊行動ができますね。

ポイント③:罪悪感を感じない工夫がされている

一般的な倫理感を持っていれば、テレビやパソコンを壊すのに罪悪感を感じるかと思います。しかし、その点を解消するための工夫もされているようです。

REEAST ROOMで扱っているものは全て、使用できなくなり廃棄処分される直前のものを提携している不用品回収業者から仕入れています。

壊し終わった廃棄品もしっかりと分別してから処分するため、環境にも影響はありません。

従来、”壊れる→捨てる”だった工程が、”壊れる→壊す→捨てる”になったので、うまく再利用できていることになりますね。

ポイント④:数種類のコースから選択する

壊せる物の種類も様々で、安全面にも環境面にも配慮されていることがわかりましたが、気になるのは利用金額ですよね。

調査したところ利用コースを選ぶことができ、コースによって値段が違うことがわかりました。

1人or2人3人4人5人
ワレモノコース:刺激度80%3500円/10分3300円/15分3000円/20分2500円/20分
スタンダードコース:刺激度100%3500円/15分3600円/15分3300円/20分2800円/20分
スペシャルコース:刺激度120%6000円/20分5800円/20分5500円/20分5000円/20分

コースによって破壊できる物が変わります。

ワレモノコースでは食器などの割れ物のみを壊せますが、スタンダードコースでは小型家電がひとつ、スペシャルコースではさらに小型家電をもうひとつ壊すことができます。

今のところ、スタンダードコースが一番人気だそうです

利用料金は若干高いような気もしますが、破壊する物の原価を考えると安いかもしれませんね

オプションで小型家電や大型家具を追加で購入できるので、自分の満足いくまで破壊しまくりましょう。

[店舗情報]
名称: REEAST ROOM(リーストルーム)
住所:〒111-0043 東京都台東区駒形1丁目2-13 B1
電話番号:080-6954-5949
営業時間:10:00-22:00
定休日:なし
URL:https://reeastroom.com (スマートフォン版)
運営会社:株式会社BrickWall

REEAST ROOM(リーストルーム)利用者の感想や口コミ

REEAST ROOM(リーストルーム)利用者の感想や口コミ
実際にREEAST ROOMを利用した人の感想や口コミを紹介します。


利用したほとんどの人が、ストレスを発散できて大満足という感想でした。

めざましテレビワイドナショーなどメディでも多数取り上げられているため、その人気の高さがわかりますね。行ってみて、損はないと思います。

REEAST ROOM(リーストルーム)は圧倒的な爽快感を味わえる

REEAST ROOM(リーストルーム)は圧倒的な爽快感を味わえる
REEASR ROOMでは、物を破壊することが正義です

溜まりきったストレスを物に当たる快感を覚えてしまったらやみつきになってしまいそうですね。

年齢制限もなく、中学生以下でも保護者同伴であれば利用できるそうです。

日頃のストレスを発散することはもちろん、やってはいけないことを合法的にやれる爽快感をぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる