SEO

「発リンク」の必要性とSEO効果について語ります。【ブログ初心者向け】

発リンクの必要性とSEO効果について
困ってる人
困ってる人
発リンクって、自分のサイトから離脱されちゃうし、損しかしないよね。そもそも発リンクって必要あるのかな?SEOにも不利になるって聞いたことあるし、実際どうなんだろう。

本記事では、発リンク必要性SEO効果について、初心者向けに解説します。

  • 発リンクの概要が理解できる
  • 必要性とSEOとの関係について把握できる
  • 発リンクする際の注意点も解説

先日僕は、こんなツイートをしました。

発リンクがSEO対策になる理由。

  • ユーザビリティが高まる
  • 情報の信頼性が担保できる
  • 関連性の強いページとして認識される

「自分のサイトから離脱される…」と考えてる人が多いですが、一度ユーザー目線に立ってみるべきですね。自分の記事で補えない情報は、他のブログ記事を借りましょ。

上記の通りで、発リンクはSEO対策になります。

この記事を書いている僕は、本業でWebマーケターをしており、企業メディアサイトの監修やSEO担当なんかをしてます。なので、SEOには割と強いです。

発リンクとは

発リンクとは
発リンクとは、自分のブログ記事内にある、他サイトへのリンクのことです。

ようは、他サイトに被リンクを与える行為ですね。

発リンクの説明図

よく「自分のサイトから遷移しちゃうから、SEOの評価下がるんじゃないの?」と思われがちですが、実は発リンクはSEO対策になるんです。

発リンクとSEO対策の関係性については、別セクションで詳しく解説しますね。

発リンクの種類は3つ

発リンクの種類は、全部で3つあります。

  • 関連性のあるサイトや記事
  • 引用元・ソース
  • 広告(アドセンス・アフィリエイト)

意外かもしれませんが、Googleアドセンスやアフィリエイトリンクなんかも、発リンクの1つです。

読者がクリックすると別ドメインに遷移するので、よくよく考えたら納得ですよね。

発リンクの種類に大きな差はありませんが、覚えておくと便利かもです。

発リンクの必要性は「ユーザーファーストのコンテンツ」

発リンクの必要性は、Googleの方針でもある「ユーザーファーストのコンテンツ」に仕上げるためにあります。

ここらへんを勘違いしてる人が多いですが、ユーザーがブログ記事に求めるのは、「満足できる情報」そのものであって、”どのブログに書かれているか”は優先されません。

ようは、「とにかく満足できる情報を素早くよこせ」というのが、ユーザーの意見。

なので、あなたのブログ記事に書かれている情報だけでは、ユーザーが満足できないと考えるのであれば、積極的に発リンクすべきでして、これがまさに「ユーザーファーストのコンテンツ」を作ることにつながります。

確かに発リンクを設置することで、自分のブログから離脱される可能性が高まりますが、それがユーザーの為になるなら、それは正しい行為。

このユーザーファーストの考え方を貫くことができれば、自然とブログの評価はあがります!

発リンクのSEO効果

発リンクのSEO効果
結論ですが、発リンクはSEO対策になります。

そう言い切れる理由は、主に3つ。

  • 関連性の高いページとして認識される
  • ユーザビリティが高まる
  • 情報の信頼性・網羅性が担保される

順番に解説していきます。

その①:関連性の高いページとして認識される

発リンクを設置することで、ユーザーが検索したキーワードに対して、関連性の高い記事として認識される効果があります。

Googleは「ユーザーファースト」にとことんこだわっているので、結果的にSEO対策になるというのが、自分の見解です。

ただ、自分のサイトと全く関連性のないジャンルのページに発リンクするのは、少し危険かもです。

あくまで関連性の高いページに被リンクを送った時のみ、SEO対策になるかなと。

その②:ユーザビリティが高まる

必要なタイミングで被リンクを設置することで、確実にユーザビリティは高まります。

自分のブログ記事では情報を網羅し切れないときに、発リンクで別ページへ飛べるのは、かなり利便性の高い記事として評価されます。

もちろん、自分のブログ記事の情報量を増やすという手もありますが、他記事と内容が被るようなら、発リンクに留めておくのが吉かなと。

その③:情報の信頼性・権威性が担保される

発リンクは、ブログ記事の信頼性・権威性の担保につながります。

特に、その効果を発揮するのが「YMYL系」の発リンクを設置したときですね。

YMYLとは、「お金・医療・健康」など人間の生活にダイレクトに影響を及ぼすカテゴリーの総称のこと。

Googleは、このYMYL系の記事はかなり厳しくチェックしていて、専門性・権威性の薄いYMYL系記事は、軒並み検索順位圏外に飛ばされます。

そこで役立つのが、発リンク。発リンクを設置することで、信頼性・権威性を担保できるので、SEO対策になると言えるでしょう。

【注意】発リンクでペナルティをくらうこともある

【注意】発リンクでペナルティをくらうこともある
ちょっと注意です。被リンク同様、発リンクも使い方を間違えるとGoogleからペナルティをくらうことがあります。

注意①:1ページから大量の発リンクを設置しない

1ページから大量の発リンクを設置すると、ペナルティをくらう可能性大です。

とくに初心者がやってしまいがちなのが、アフィリエイトリンクの大量設置ですね…

早くお金を稼ぎたい気持ちの現れだと思いますが、正直そんなことをすると逆効果なので要注意。

とはいえ、具体的に何個までなら発リンクを設置してOK、といった指標はないので、やはりそこはユーザーにとって使いやすいかどうかが判断材料になるかなと。

注意②:何かの対価として発リンクを設置しない

一番多いのが、企業から商品の無料提供を受けるケースです。

商品を受け取ったブロガーが、レビュー記事を投稿した際に企業サイトへの発リンクを設置する行為はGoogleのガイドラインに違反します。

Googleの公式サイトでも、下記のように公言されていますね。

商品やサービスを受け取る見返りとして、PageRank を転送するようなリンクを設置することは、リンク プログラムに関する Google のガイドラインに違反しています。
引用:Googleウェブマスター公式ブログ

発リンクは被リンクと同じで、あくまで自然な流れで発生しなければならないもので、不自然な意図がある発リンクはペナルティの対象となります。

注意③:質の低いサイトやリンク切れの記事へ発リンクを設置しない

発リンクを設置する際、質の低いサイトやリンク切れの記事への設置は危険です。

理由は、Googleのクローラーが記事を巡回する際に、発リンク先のサイトの質が低かったり、リンク切れを起こしていると評価を落とすことになるから。

とくに多いのが、発リンクを設置したときは異常なかったが、気づいたらリンク切れになっているケースです。

ここの対策として、WordPressプラグインの「Broken Link Checker」の使用が有効。

リンク切れしていないか、自動でチェックしてくれる便利プラグインなので、ぜひ活用しましょう。

Broken Link Checkerの詳しい解説は、下記記事を参考にどうぞ。

Broken Link Checkerプラグインの使い方

↑しっかり発リンクです(笑)

発リンクの必要性とSEO効果:まとめ

発リンクの必要性とSEO効果:まとめ
発リンクの必要性とSEO効果について、まとめです。

  • 発リンクはユーザーファーストのコンテンツのために必要
  • そして発リンクは、SEO対策になる
  • 発リンクでペナルティをくらうこともあるので取り扱いは注意

発リンクを正しく設置することで、確実にSEO対策になります。

ブログで成果を出す為には、必須のアイテムなので、ぜひ有効活用しましょう。

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる