転職

キャリオクのCMはシリーズものだった!?【全部まとめました】

キャリオクのCMまとめ
困ってる人
困ってる人
キングコングの西野が出てるキャリオクのCMが気になるなぁ。

現代の革命家とも呼ばれる、お笑い芸人・キングコングの西野亮廣さん。

いまの時代は、お金より信用が大切」と考える彼は、誇大広告の代表でもあるCMには滅多に出演しないことでも有名です。

そんな話題のCMですが、実は何種類か存在しており、シリーズになっていることが判明しました。

この記事では、キャリオクCM全種類をひとつひとつ解説していきます。

  • キャリオクのCMがすべてわかる
  • セリフも全部、文字起こししました

若者に大人気の西野亮廣さんが語る、オークション型転職サービス「キャリオク」の魅力がすべてがわかります!

キャリオクのCMは全7種類

2019年3月15日からサービスを開始したキャリオクですが、CMが非常に話題になっています。

そして、そのCMは全部で7種類あることが判明しました。

その全てを時系列ごとにすべて紹介していきますね。

【CM第1弾】あなたが必要だ!

記念すべきCM第1弾は4月7日から放送され、タイトルは、”あなたが必要だ!”。一度は言われてみたい言葉ですよね(笑)。

西野亮廣のセリフ

認めてもらうしかないですよ。「認めてもらう」が一番幸せですね。お前がいていいんだとか、お前が必要なんだとか、お前がいなきゃダメなんだとか言ってもらえることがどんだけ強くしてくれるか。自分に合っていれば、毎日だいぶ楽しいと思うんで。仕事は楽しいですね。承認欲求を満たしてくれるんで。

西野さんが語るように、人は誰かに認めてもらい承認欲求を満たすことにやりがいを感じます。

キャリオクは、自分のキャリアでオークションを開催し企業側から落札してもらうという転職サービスなので、「自分が求められている、自分を必要としてくれている」と実感できること間違いなしです。

【CM第2弾】モチベーション論

CM第2弾のテーマは”モチベーション論”で、4月14日に公開されました。西野亮廣さんが語る仕事のモチベーションとはなんなのか。

西野亮廣のセリフ

モチベーションみたいなものというのは、天から降ってくるものではなくて、結果がもたらしてくれるもの。自分が誰かを楽しませました、ありがとうと言われました、もっと言われたいからもっと頑張ろう。この循環なんで。楽しくないのなら、その人はその職場で結果を出せていない。もっと本当に合う職場が絶対にあるはず。

モチベーションは結果がもたらしてくれるもの。まさにその通りですよね。

確かに自分の行為が認められて誰かにありがとうと言われると、次も頑張ろうと思いますもんね。

大切なのは、それが実現できる職場かどうかということ。

モチベーションの循環が生まれる自分にあった職場を見つけられると仕事も楽しくなってきますよ。

【CM第3弾】仲間を見つける

4月21日に公開されたCM第3弾は、”仲間を見つける”というテーマです。仕事における仲間とはなんなのかを考えさせられます。

西野亮廣のセリフ

いまはこの界隈でひとりぼっちでも、もしかすると100km離れたところでは、自分と同じような感覚を持っていて、そこでひとりぼっちの人がいる。そこをパッと見て、そこにいることがわかって、マッチングができる。素晴らしいですね。同じところを見ている人と仕事したいですよね。

自分と同じ志を持った仲間と一緒に仕事ができることが、どんなに幸せなことかを実感させられます

自分がやりたいこと、実現してみたいことを今の職場では認めてもらえなくても、他の職場では共感してもらえるかもしれません。

【CM第4弾】会社と社員、フェアな社会

CM第4弾は、”会社と社員、フェアな社会”というテーマです。5月6日に公開され、大反響を呼んでいます。

西野亮廣のセリフ

会社はプラットフォーム。プラットフォームは基本的に選ばれなきゃ機能しないわけじゃないですか。会社がどれだけ良い格好しても、この会社はいいやって思われてしまったら、会社はうまく回らないですよね。それを加速させているような感じがして。フェアでいいですよね。頑張らなきゃいけないし、頑張っている人はちゃんと報われるし。

会社と、そこで働く人間は対等な立場でなくてはならないということですね。

多くの企業が人材を下に見てる傾向がありますが、そういった企業は数年で潰れてしまいます。

長期経営を考えると、人材を大切にしなければならない。キャリオクでは、そういった企業を探すことが出ますね。

【CM第5弾】自分の価値を知る

第5弾のテーマは、”自分の価値を知る”というなんとも転職サイトらしい言葉ですね。5月12日から放送されています。

西野亮廣のセリフ

自分にすごい力があるけど、この会社では認めてもらえないような力。でも、別の会社ではこの力を求めている人がいて、ここのマッチングですよね。そうすると、双方が幸せ。必要だと思われることはすごい大きいですよね。そこのマッチングが絶対。

いくら自分の能力が長けていても、それをいかせる職場でなければなんの意味もありません。

しかし、その能力を必要としている企業は絶対にあるはずです。

キャリオクではオークション形式にすることで、オンラインでありながらそういった企業とマッチングすることができるんですね。

【CM第6弾】社長が頑張る時代

5月19日に公開されたCM第6弾。テーマは”社長が頑張る時代”です。西野さんが語るそこに隠された真相が明らかに!

西野亮廣のセリフ

社長の人柄とか、会社の環境とか、そういうところをちゃんとしておかないと社員は離れていく。その光景を見た時に、いよいよそういう時代に突入したなって。ここからは転職がもっともカジュアルになってきて、社長がもっと頑張らないといけない時代に入ってきている。

ひと昔前までの買い手市場とは打って変わって、いまは人が会社を選ぶ時代です。

社長の人柄や職場の環境を整えておかないと、社員はすぐに転職してしまいます。

そんな転職が当たり前の時代を生き抜く企業になるためには、社長がもっと頑張らなければならないということですね。

そしてそういう企業に出会える転職サービスがキャリオクです。

【CM第7弾】辞める、が意味するもの

5月26日に、CM第7弾が公開されました!テーマは”辞める、が意味するもの”です。

西野亮廣のセリフ

辞めるはそんなにネガティブにとらえていない。逆に言うと辞めなかったらヤバいなって。ずーっとひとつのことをやっていると、もうちょっと成長するチャンスがあったかもしれないのに、逃してしまうことが結構あると思う。辞める時はスッキリしてますね。レベルアップしたと感じる。次のレペルの仕事が入ってくるだとか、始められるスペースを作んなきゃって。結構スパっと辞めますね。

辞めることにネガティブになっている人が多いのは事実です。確かに、環境を変えたり変化することが怖いという気持ちは誰にもありますもんね。

しかし、「辞める!」と決意すると、案外簡単に行動できるものですよ。転職を迷っている方には、ぜひ見てほしい内容でしたね。

キャリオクは、あなたと最適な企業をマッチングするサービス

キャリオクは、あなたと最適な企業をマッチングするサービス
CMにほとんど出演しない西野亮廣さんが太鼓判を押す”キャリオク”は、いまの時代にマッチした転職サービスであると言えるでしょう。

これからの時代は企業に選んでもらうのではなく、あなたが企業を選びます。

自分の能力を最大限活かせる企業で働くためにも、キャリオクを試してみてはいかがでしょうか。

キャリオクの公式サイトはこちらから

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる