SEO

パンくずリストの作り方を初心者向けに解説【SEO対策】

ブログのパンくずリストの作り方
困ってる人
困ってる人
パンくずリストってなんぞや?食べ物ですか?初心者ブロガーに分かりやすく教えてくれ

本記事では、パンくずリストの概要と作り方を初心者ブロガー向けに解説します。

  • パンくずリストの概要がわかる
  • パンくずリストの作り方がすべて理解できる

先日僕は、こんなツイートをしました。

パンくずリストの重要性。人のブログをチェックしていると、「パンくずリスト」を設定していない人がいますが、設定必須です。

理由は2つ。

  • クローラーが巡回しやすい(SEO対策)
  • 読者が迷子にならない(ユーザービリティ向上)

プラグインでも設定できますが、有料のWordPressテーマなら割と標準装備です。

上記の通りで、深掘りしていきます。

ちなみに僕は本業でWebマーケターをしており、企業メディアサイトのSEO監修なんかをしてます。なので、SEOには強いです。

パンくずリストとは

パンくずリストとは
パンくずリストとは、読者が現在Webサイト内のどこにいるのかを視覚的に分かりやすくしたリンクのことです。

この記事の場合、下記画像部分がパンくずリストです。

パンくずリストの例

コンテンツの最上部、もしくは最下部に記載するのが一般的ですね。

「パンくずリスト」の名前の由来

パンくずリスト」の名前の由来を紹介します。

童話「ヘンゼルとグレーテル」で、主人公の兄弟が森に入るときに、迷子にならないように通ってきた道にパンくずを置いていった、というエピソードが由来となっています。

サイトでも同じように、自分の現在位置と辿ってきたルートを示す役割を担っていることから「パンくずリスト」と呼ばれるようになりました。

知っていると「こいつ、やるなぁ…」って思われるくらいなので、別に覚えなくてOKです。

パンくずリストの種類

パンくずリストの種類
パンくずリストには、3つの種類があります。

  1. 位置型パンくずリスト
  2. 属性型パンくずリスト
  3. パス型パンくずリスト

一応解説しますが、ぶっちゃけ覚える必要無しなので参考程度にどうぞ。

位置型パンくずリスト

位置型パンくずリストとは、自分が閲覧しているページが階層構造のどこに位置しているかを示します。

一般的なパンくずリストですね。

ページにたどり着くまでの経路が異なる場合でも、表示されるパンくずリストは同じです。

ユーザ自身の現在位置を把握しやすいメリットがあります。

属性型パンくずリスト

属性型パンくずリストは、読者の操作によって変化して、検索フィルタのように機能します。

サイト内構成の現在の位置を示すのではなく、閲覧しているページがサイト上のどのカテゴリー(属性)に分類されているのかを示します。

読者が「何を買いたいか」をフィルタでカスタマイズして検索できるような、ECサイトによく使用されています。

個人ブロガーが使う機会は、ないですね。

パス型パンくずリスト

パス型パンくずリストは、現在閲覧しているページにどうやってたどり着いたかを示します。

ページへの経路が異なる場合、表示されるリストも変化する動的なパンくずリスト。

ブラウザの「戻る」ボタンや履歴機能とほぼ同じ役割なので、使用しているサイトはほとんどありません。

パンくずリストのメリット【SEO対策】

パンくずリストのメリット【SEO対策】
パンくずリストの最適化は、SEO対策になります。

理由は、次の2つ。

  • クローラーが巡回しやすい
  • 読者が迷子にならない(ユーザビリティ)

ひとつずつ解説します。

ちなみにGoogleもパンくずリストについて、このように公言しています。

「パンくずリスト」を使用する
パンくずリストとは、ページの上部か下部にある内部的なリンクの行です。訪問者はパンくずリストを使って、前のセクションやルートページにすばやく戻ることができます。ほとんどのパンくずリストでは、最初の左端のリンクとして最も一般的なページ(通常はルートページ)を置き、右側に向けてより具体的なセクションを並べています。
引用;検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

クローラーが巡回しやすい

パンくずリストを設置することで、クローラーと呼ばれるサイト情報収集ロボットが、自分のサイトの情報を収集しやすくなります。

パンくずリストをたどることで、効率的にサイト構造やカテゴリーを判断できるため、Googleから好まれます。

割とSEO対策になるので、パンくずリストの設定は必須です。

読者が迷子にならない(ユーザビリティ)

パンくずリストがあると、サイトを訪問した読者が現在地に迷うことがなくなります。

つまり、サイトの使いやすさ(ユーザービリティ)が高まるということ。

離脱率も軽減できるので、パンくずリストの設定はメリットしかありません。

パンくずリストの作り方(初心者向け)

パンくずリストの作り方(初心者向け)
パンくずリストの作り方を解説します。

作り方はいくつかありますが、おすすめは次の2つ。

  • プラグインで作る
  • 有料WordPressテーマを使う

ひとつずつ解説します。

HTML・CSSをいじることでも作成できますが、ハードル高めです。初心者にはオススメしません。

プラグインを用いる

パンくずを自動生成してくれるプラグインがあります。

有名なのは「Breadcrumb NavXT」というプラグイン。

Breadcrumb NavXTの詳しい設定方法は、下記記事が参考になります。

→Breadcrumb NavXTプラグインの使い方

ただWordPressにプラグインを入れすぎると、サイトの挙動に異常が出たり表示速度が遅延したりするので、プラグインは最低限に抑えるのがベスト。

WordPressに必須のプラグインをまとめた記事もあるので、ぜひ参考に。

WordPressのおすすめのプラグイン
WordPressのおすすめプラグインは全6個【あとは全て不要】WordPressのプラグインて、種類が多すぎてどれを導入すればいいか迷いませんか?この記事では、WordPressのおすすめプラグイン厳選6個を紹介します。正直、この6個以外は必要なしです。初心者の方はとくにチェックしてください。...

有料WordPressテーマを使う

最近のWordPressテーマは、パンくずリストの自動生成が標準装備です。

なので、有料テーマを利用すればプラグインを導入しなくても一発解決。

ちなみに僕は「Jin」というテーマを使ってます。

見た目もよくて、カスタマイズも簡単なのでオススメします。

パンくずリストの作り方:まとめ

パンくずリストの作り方:まとめ
パンくずリストのまとめです。

  • パンくずリストとは、現在地を視覚的に分かりやすくしたリンクのこと
  • パンくずリストの設定はSEO対策になる
  • 作り方は、プラグイン導入か有料テーマの使用

一度設定してしまえば、あとは自動で生成されるので、まだ設定できていない人はぜひどうぞ。

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる