SEO

ブログや記事のURL変更はマジで危険【SEOに影響あり】

ブログのURL変更は危険
困ってる人
困ってる人
ブログのURLを変更したいんだけど、変更しちゃって大丈夫?

ブログや記事のURL変更はいろんな意味で危険です。なので、変更はオススメしません。

本記事では、ブログや記事のURL変更が危険な理由や、SEOに与える影響について解説します。

  • ブログや記事のURL変更をしてはいけない理由がわかる
  • 具体的な対処法が理解できる

先日僕は、こんなツイートをしました。

ブログのURL変更は危険。基本的にブログや記事のURL変更はオススメしません。理由は下記の2つ。

  • GoogleからのSEO評価がリセットされる
  • 被リンクがリンク切れをおこす

デメリットがえげつないです。収益激減にも繋がるので、いまのURLを大切にしましょう。

上記の通りで、ブログのURL変更はデメリットだらけ。

深堀りしていきます。

ブログや記事のURL変更がSEOに与える影響【危険】

ブログや記事のURL変更がSEOに与える影響【危険】
ブログや記事のURLを変更は、割とNG行為。

大きな理由は下記の2つ。

  • SEO評価がゼロになる
  • 被リンクを失う

ひとつずつ解説していきます。

理由①:SEO評価がゼロになる

ブログや記事のURLを変更すると、それまで蓄積してきたSEO評価がすべてゼロになります。

理由は、URLを変更したブログや記事がGoogleから「新規」のものとして評価されるから。

Googleはドメイン(URL)単位で評価を記憶しているので、変更するとそれまで評価を受けていたものが存在しなくなり、新規のものとしてゼロベースで評価することに。

SEO評価が高く検索エンジンで上位表示されていた記事も、URL変更で圏外まで吹き飛びますよ。

理由②:被リンクを失う

URLを変更すると、ブログや記事が受けていた「被リンク」も失うことに。

まあURLが変わるので、当然ですよね。

被リンクもSEOにおいて、重要な指標のひとつ。

貴重な被リンクを失うことで、ブログ全体の評価も下がる可能性大です。

以上2つの理由から、URL変更が危険であることがわかりますね。

URLを変更しない為の対処法

URLを変更しない為の対処法
URLを変更しない為の対処法を紹介します。

ぜひ参考にしてください。

ブログURLを変更しない為の対処法

ブログURLを変更しないための対処法としては、ブログを立ち上げる段階で完璧なURLを設定することかなと。

ブログURLを決定するときに意識すべきことは、下記の通り。

  • 短くて覚えやすい
  • 語呂がいい
  • 「.com」「.jp」を使用する

上記が意識できていれば、URLを変更したくなることは無くなるかなと。

とくに「短くて覚えやすい」は重要です。

適当なURLにせず、時間をかけてじっくり決めましょう。

記事URLを変更しない為の対処法

記事URLを変更しないための対処法は、記事URLの決め方にルールを設けることが重要。

あらかじめルールがあれば、あとはそれを守るだけでOKなので、途中で変更する必要はなくなりますよね。

URLのルールについては、下記記事の「パーマリンク設定」で詳しく解説していますので、参考にどうぞ。

【現代版】SEO内部対策を初心者向けにすべて解説【全9個】

どうしてもURLを変更したいときは?【対処法あり】

どうしてもURLを変更したいときは?【対処法あり】
記事URLの変更なら、”301リダイレクト”で対応できます。

301リダイレクトとは、ページを訪れた読者を別のURLに自動的に転送させるための仕組みのことで、SEO評価を新規URLに引継げます。

なので記事URLを変更する場合は、この301リダイレクトを使いましょう。

詳しくは別記事で紹介します。

困ってる人
困ってる人
ブログURLの変更はどうすればいいの?

ブログURLに関しては、やはり変更NGです。

一応ググればブログURLの変更方法がでてきますが、マジでおすすめしません。

変更することにならないように、初めから納得のいくドメイン名を付けてください!

ブログや記事のURL変更は危険:まとめ

ブログや記事のURL変更は危険:まとめ
SEO評価の観点からも、ブログや記事のURL変更は危険。

記事URLに関しては301リダイレクトで解決ですが、ブログURLに関しては変更不可です。

ブログ開設から1ヶ月未満の弱小ブログなら全然いいですが、何ヶ月・何年と運営しているブログがURL変更すると、まじで取り返しつかなくなるので、気をつけてください…(収益がゼロになる可能性も)

URLを変更しなくても済むように、あらかじめ納得できるURLを決定しましょう。

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる