ブログ

ブログが読まれない3つの原因と解決策5選【ブログ初心者向け】

ブログが読まれない原因と拓作
困ってる人
困ってる人
僕のブログがびっくりするほど読まれません。なんでやねん。みんな読んでや。

本記事では、ブログ読まれない3つの原因と、その解決策を紹介します。

  • あなたのブログが読まれない原因がはっきりする
  • 何をすればブログが読まれるようになるかが理解できる

先日僕は、こんなツイートをしました。

ブログが読まれない3つの原因。

  • そもそもブログを認知されていない
  • ブログ記事そのものが読みにくい
  • 読者目線になれていない

この3つに集約されるイメージですね。認知されるようにSEO知識&SNS拡散して、デザイン整えて、読者の悩みを全力解決。これで自然と読まれるブログの完成です。

結論は上記で、本記事で深堀りしていきます。

ちなみに僕は本業でWebマーケターをしており、企業サイトのSEO監修や集客導線の施策なんかをしてます。読まれるブログを作るのは割と得意です。

ブログが読まれない3つの原因

ブログが読まれない3つの原因
ブログが読まれない原因は、この3つ。

  • そもそも認知されていない
  • ブログ記事そのものが読みにくい
  • 読者目線になれていない

ひとつずつ解説していきます。

読まれない原因①:そもそも認知されていない

そもそもブログ自体が認知されていないと、話になりません。

いくら良質なブログ記事を書いても、読者がそれに気づかなければ読まれなくて当然ですよね…

ようは読者に「僕のブログ見て!ここにあるよ!」って、アピールしなきゃ始まらないってこと。

ちなみに、読者がブログに気づくタッチポイントは、主に2つ。

  • 検索エンジンで上位表示
  • SNSで拡散

のちほど解説しますが、上記2点を工夫しないとブログは永遠に読まれません。

自分のブログがどれくらい認知されているかは、Googleサーチコンソールを使えば一発でわかります。

設定の仕方は、下記記事で解説しております。

WordPressでGoogleサーチコンソールを設定する手順【簡単3ステップ】

【大前提】ブログ初心者は読まれないよ【とりあえず30記事書け】

大前提として、まだ30記事も書いていないような初心者ブログは、読まれなくて当然です。

理由は、価値がゼロだから。少し厳しいかもですが、事実です…

簡単な話、プロ野球の試合と草野球の試合、どちらにお金と時間を使えますか?

つまりそういうことです。

30記事に満たないブログは、草野球チームと一緒だから、読まれなくて当然。

ブログ初心者のPV数の目安をまとめた記事もあるので、参考に。

ブログ初心者のPV数(アクセス数)の目安について語ります【増やし方も紹介】

読まれない原因②:ブログ記事そのものが読みにくい

読みにくいブログ記事は、読まれません。だって読みにくいんですもん。

読みにくいブログ記事の特徴は、下記の通り。

  • 色文字を使ってない
  • 誤字脱字が多い
  • 誤字脱字が多い
  • 一文が長い(改行が少ない)
  • 枠線を使ってない
  • 目次がない
  • 箇条書きを使ってない
  • 画像が少ない

ざっとここらへんですかね。

あとは、無駄に長文の記事も正直読むなくなりませんか?

ダラダラと長文を並べて、結論を伝えるまでが長すぎるのは、離脱の原因になるのでアウト。

ブログは読みやすさ重視です。

読まれない原因③:読者目線になれていない

【質問】
あなたのブログは、だれが読みますか?

答えは、「読者」の一択です。

ブログ記事を作成した筆者が満足しようがしまいが、そんなことは二の次。

記事をたくさん読んで欲しいなら、まずは読者の悩みをいかに解消するかに全勢力を注ぐべき。

自分の書きたいことを書いてるうちは、ただの日記ブログになって終了します。

困ってる人
困ってる人
ブログが読まれない理由はわかった。じゃあ具体的にどうするんだい?

ブログが読まれないときの解決策5選【初心者向け】

ブログが読まれないときの解決策5選【初心者向け】
ブログが読まれないときの解決策は5つ。

  • ブログ記事をとにかく書き続ける
  • SEOの知識を身に着ける
  • SNSで拡散する
  • 記事の品質改善に努める
  • 読者の悩み解決に全力を注ぐ

ひとつずつ、深掘りしていきます。

解決策①:ブログ記事をとにかく書き続ける

ブログを読んで欲しいなら、とにかく記事を書き続けろ。

ぶっちゃけ、これで全部解決するかもです。

先述しましたが、30記事にも満たないような初心者ブログは、読まれなくて当然。読まれると思ってるほうがおこがましいレベル。

とにかく量をこなして、記事を投稿して、自分自身もブログそのものもレベルアップしていくことが大切。

ちなみに僕は、毎日投稿をかれこれ80日ほど続けてます。

ブログを継続するコツを知りたい方は、下記記事を参考にどうぞ。

ブログを継続するコツは2つだけ【目的と環境づくりがすべて】

解決策②:SEOの知識を身に着ける

SEOの知識は重要です。

なぜなら、検索順位で上位をとらないと記事は読まれないから。

昔ほど重要視されなくなりましたが、それでもうやっぱり必須の知識。

ブログを読んで欲しいなら、つべこべ言わず知識つけましょう。

初心者向けにSEOの全知識をまとめた記事もあるので、ぜひ参考にどうぞ。

【現代版】SEO内部対策を初心者向けにすべて解説【全9個】

解決策③:SNSで拡散する

仕組みはシンプルです。

  1. ブログ記事書く
  2. SNSで投稿
  3. フォロワーが投稿を見る
  4. リンクをクリックする
  5. ブログ記事が読まれる

どうぜ無料です。やらないほうがおかしいでしょ。

ちなみに僕はブログ毎日更新なので、必然的にSNS(ツイッター)も毎日投稿です。

解決策④:記事の品質改善に努める

読まれるブログと読まれないブログの差は、最終的には品質の差に落ち着くかなと。

質の高いブログ記事を書く手順は、次の3つ

  • ターゲット(読者)の選定
  • キーワードの選定
  • 読みやすい文章で執筆

慣れれば意外と簡単です。

具体的な内容は、下記記事を参考にどうぞ。

質の高いブログ記事を量産する方法【手順は3つ/初心者向け】

ブログ記事をリライトして日々進化される

ブログ記事の品質を改善するためには、リライトは必須。

作業→分析→改善→作業→分析→改善…」を繰り返すことで、読まれるブログは作られていきます。

つまり、記事を投稿したら「はい終了」ではなく、数ヶ月後にリライトして、ひとつひとつの質を高めていくことが重要かなと。

ブログ記事の正しいリライト方法をまとめた記事もあるので、こちらも参考にどうぞ。

ブログ記事のリライトで順位を上げる方法【簡単4ステップ】

解決策⑤:読者の悩み解決に全力を注ぐ

読者は、自分にメリットがないと記事を読みません。だって時間の無駄ですからね。

ブログを読むメリットは、「悩みの解決」。

つまり、読者の抱えている悩みを解決しまくることが、読まれる記事になるための最短ルートです。

何度もいいますが、自分の書きたいことを書いていてはダメ。ブログの主人公は読者です!

自分が経験したことをブログ記事にする

読者の悩みを解決できる記事を書くためには、自分が実際に経験したことを記事にするのが手っ取り早いかなと。

例えば留学経験があるなら、その時の経験を踏まえて「留学前にやっておくべき英語学習方法」とか「留学中の注意点」とかですね。

自分が経験してないことを書こうとしても、当たり障りのない記事になるのは当たり前。

過去の自分と対話しながら記事を書くと、より読者に刺さるものに仕上がります。

【まとめ】ブログは頑張っても読まれないと思うべき

【まとめ】ブログは頑張っても読まれないと思うべき
最後に。

ブログは頑張っても読まれません。というか、読まれない前提で書くべきものかなと思います。

SNSはコミュニティ色が強いので、簡単に反応を獲得できますが、ブログはビビるほど反応なし。毎日継続しても、「おっ。反応出てきたな」と感じるのは、ざっと3ヶ月後くらいですかね。

なので、読まれなくてもそんなに気にしなくていいかもです。気長にいきましょう。

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる