ブログ

ブログの直帰率を50%まで下げる方法【滞在時間も同時に伸ばす】

ブログの直帰率を下げる方法
困ってる人
困ってる人
ブログの直帰率が90%もある…。僕のブログ、そんなにつまらないのかな

本記事では、ブログ直帰率を大幅に下げる方法を解説します。

  • 直帰率の基礎知識が身に付く
  • ブログ直帰率を下げる5つの方法がわかる

先日僕は、こんなツイートをしました。

ブログの直帰率を下げる方法。

  • リード文で興味を惹く
  • 内部リンクで誘導
  • 画像挿入で記事を見やすくする
  • 太字やマーカーで記事を装飾
  • 読みやすい文章

直帰率の高いサイトは、Googleから嫌われる傾向にあるので、改善をオススメします

上記の通りで、ブログの直帰率改善は超重要。

ブログの直帰率とは

ブログの直帰率とは
そもそもブログ直帰率とは、なんなのか。

直帰率とは、読者が最初に訪問したページから別のページに移動せず、そのままサイトから離脱した割合を示します。

ブログ直帰率の計算式は下記の通り。

直帰率=直帰した数÷訪問数

わかりやすく図解します。

直帰率の図解

一般的に50%台だと、良い数字と言われてます。

ちなみに本ブログ(みなとノート)の直帰率は、57%ほど。悪くない数字ですね。

みなとノートの直帰率

ブログの直帰率は高いほうがいい?低いほうがいい?

当然、低いほうがいい。

直帰率が低いということは、サイトに訪れた読者が他のページに移動する確率が高いということ。つまり最初に訪問したページを読んで、サイト自体に興味を持ったことを示してます。

反対に直帰率が高いということは、最初に訪問したページを読んだだけで満足したか、サイト自体に不満を持った可能性ありです。

なのでブログで成果を出したいなら、ブログの直帰率を下げる工夫が必要。

ブログの直帰率を下げる方法【5選】

ブログの直帰率を下げる方法【5選】
ブログの直帰率を下げる方法を5つ紹介します。

  • リード文で興味を惹く
  • 内部リンクで誘導
  • 画像挿入で記事を見やすくする
  • 太字やマーカーで記事を装飾
  • 読みやすい文章

上記を意識するだけで、直帰率50%台は安定するかなと。

ひとつずつ解説していきますね。

リード文で興味を惹く

サイトに訪問した読者が最初に読むのは、リード文

ここで、離脱するかどうかが決まります。

リード文に盛り込むべき要素は、次の3つ。

  • ターゲット(読者)の悩み
  • 記事を読んで得られるメリット
  • 記事内容の信頼性

直帰率を下げるリード文の書き方をまとめた記事もあるので、ぜひ参考にどうぞ。

ブログ記事のリード文の書き方簡単3ステップ【もう一生悩まない】

内部リンクで誘導

記事の内容が完璧でも、内部リンクがないと次のページに移動する確率は下がります。

なので、記事の中には「2〜4個」ほど内部リンクを設置しましょう。

記事の内容と関連性のない記事の内部リンクはNGです。

あくまで関連性のある記事どうしでリンクをつなぐ。重要です。

画像挿入で記事を見やすくする

画像の挿入は、ブログ直帰率を下げるためにかなり重要な役割を果たします。

ブログ画像の主な役割は次の5つ。

  • クリック率を高める
  • 記事の理解度が上がる
  • 読者のストレス軽減
  • 記事に独自性が出る
  • Googleの画像検索に表示される

基本的には、アイキャッチ画像大見出し(h2タグ)直下に設定すれば問題なし。

ブログの画像について、詳しくまとめた記事もあるので、ぜひ参考に。

ブログ画像で知っておくべき全知識【種類・役割・最適化】

太字やマーカーで記事を装飾

太字やマーカー、枠線を使って記事を見やす装飾してあげましょう。

僕が使っている装飾は、下記の通り。

  • 太字&マーカー
  • 枠線
  • 吹き出し

少し、深堀します。

太字&マーカー

一番多用するのが、この2つですね。

大事な単語や、読者の目をひきたい文章に使いましょう。

ちなみに僕は色で使い分けており、黄色はポジティブな内容に、青色はネガティブな内容に使ってます。

枠線

こうゆうやつです。

文章が長くなりすぎたときに、枠線で囲むことで段落のような役割を果たしてくれるので、読者のストレス軽減効果が見込めるかなと。

吹き出し

困ってる人
困ってる人
こういうやつだね。

人によっては、全く使ってない人もいますね。

僕の場合は、記事の冒頭で「読者の悩み」を表すために使用してます。

読みやすい文章

最終的には、記事の品質が重要かなと。

いくら装飾や画像で目を引いても、品質の低い記事があるサイトを利用しようと思いませんよね。

こればっかりは、知識をつけて練習あるのみ。

ブログ記事の品質を上げるためには、下記の2記事が参考になるかなと。ぜひどうぞ。

直帰率より滞在時間を重要視する

直帰率より滞在時間を重要視する
ここまで直帰率の話をしてきましたが、ブログで成果を出したいなら、滞在時間も重要視すべきです。

滞在時間は「読者が訪問したサイトをどれくらい真剣に読んでいるか」がもろに判別できるので、滞在時間の改善は収益向上に繋がるかなと。

滞在時間を伸ばす方法

滞在時間を伸ばす方法についてですが、結局は直帰率を下げる方法と同じ

本記事で紹介した5つを実践すれば「直帰率を下げて、滞在時間を伸ばす」ことができるってわけ。

伝えたかったことは「滞在時間も意識して分析してね」ってことです。

ブログの直帰率を下げる方法:まとめ

ブログの直帰率を下げる方法:まとめ
まとめです。

  • リード文で興味を惹く
  • 内部リンクで誘導
  • 画像挿入で記事を見やすくする
  • 太字やマーカーで記事を装飾
  • 読みやすい文章

上記5つを意識してブログの直帰率と滞在時間を改善して、読者に好かれるブログを目指しましょう。

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる