ブログ

質の高いブログ記事を量産する方法【手順は3つ/初心者向け】

質の高いブログ記事
困ってる人
困ってる人
ブログを始め3ヶ月。記事を毎日量産したけど、検索順位が全然上がらない…。アクセスも全然こない…。助けて

原因は、記事の品質が低いからですね。

本記事では、質の高い記事を量産する方法を初心者向けに解説します。

  • 質の高い記事の定義がわかる
  • 質の高い記事を量産する方法が習得できる

先日僕は、こんなツイートをしました。

質の高いブログ記事の定義。僕が思うに、下記の条件が必須です

  • 読者が安心・信頼して読める記事
  • 読者の検索意図を満たせる記事

つまり、「記事を読む読者をどれだけ満足させられるか」が、その記事の品質を決めるかなと。

”ユーザーファースト”。これ、重要です。

上記の通りで、読者が第一優先です。

質の高い記事の定義

質の高い記事の定義
質の高い記事の定義は、次の条件を満たしているかどうかです。

  • 読者が安心・信頼して読める記事
  • 読者の検索意図を満たせる記事

基本的に、上記2つで判断すればOK。

ひとつずつ解説します。

読者が安心・信頼して読める記事

ひとつ目は、「読者が安心・信頼して読める記事」であること。

読者の安心感・信頼感を得るためには、

  • 専門的な知識
  • 自分自身の体験談

が重要かなと。

例えば「ブログで稼ぐ方法」を調べているときに、”ブログ初心者””ブログで月収100万円稼いでいる人”、どちらの記事を読みたいですか?

当然後者ですよね。理由は、実績があり専門的な知識を持っていると信頼できるから。

また、自分自身が実際に体験したことや、経験した悩みなどが記述されていると、妙に親近感が湧いて、安心感がでます。

専門的知識と体験談。これで読者の安心感・信頼感を獲得しましょう。

ちなみに僕は、記事の信頼感を高めるために「顔出し」でブログを運営しています。

誰が書いているか不明確なブログより、顔を出して運用したほうが断然信頼できますよね。

読者の検索意図を満たせる記事

読者が安心・信頼して読める記事の2つ目の条件は、読者の検索意図を満たせているかどうかです。

読者がブログに訪れる目的は、なにかしらの悩みを解消したいから。

そして、検索したキーワードと関連しない情報や検索意図と反した記事が表示されると、そっこう離脱します。

つまり、読者の検索意図を的確に捉えて、悩みを解消できる記事を書くことが重要。

その他、文章構成が読みやすかったり、画像が使われていたりと、記事自体がストレスなく読めることも読者の満足度を高めるかなと。

困ってる人
困ってる人
質の高い記事の定義はわかった。メリットってなに?

質の高い記事を量産するメリット

質の高い記事を量産するメリット
質の高い記事を量産するメリットは、下記の3つ

  • 検索順位が上がる
  • ファンがつく
  • 他の媒体が伸びる

ひとつずつ解説します。

検索順位が上がる

質の高い記事を量産できると、検索順位が上がります

理由は、Googleは読者の満足度が高い良質なサイトを評価するから。

検索順位が上がれば当然アクセスも増え、収益にも繋がりますね。

一番のメリットです。

ファンがつく

質の高い記事を量産できると、ブログに固定のファンがつきます。

例えば僕の場合は、有名ブロガーのマナブさんのファンです。

マナブさんのブログ記事を初めて読んだときに、記事のレベルの高さに一気に引き込まれました。

そこからマナブさんのブログにある記事は、ほとんど読み漁りましたね。

こんな感じで記事の質が高いと、そのブログ自体のファンになりやすい。

一度ファンになってもらえれば、固定のアクセスが見込めます。

他の媒体が伸びる

質の高い記事を量産できると、YouTubeやSNSなどの他の媒体が伸びます

読者の行動フローは、下記の通り。

  1. ブログに訪れる
  2. 質の高い記事に満足する
  3. 筆者に興味を持つ
  4. プロフィールを見る
  5. YouTubeやSNSをやっていることを知る
  6. 有益そうなのでフォローする

上記のように、質の高い記事を書く読者に興味を持ち、そこから他の媒体もフォローしてくれる傾向にあります。

ラッキーですね。

困ってる人
困ってる人
質の高い記事のメリットはわかった。具体的にどうすればいいの?

質の高い記事を量産する方法【簡単3ステップ】

質の高い記事を量産する方法【簡単3ステップ】
質の高い記事を量産する方法を紹介します。

手順は3つ。

  1. ターゲットの選定
  2. キーワードの選定
  3. 読みやすい文章で執筆

順に解説します。

手順①:ターゲット(読者)の選定

まずは、記事を届けたいターゲットを選定しましょう。

これから書く記事はだれに向けて書くのか?」を明確にします。

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 家族構成
  • 悩んでいること
  • 知識量(初心者?経験者)

などなど、できるだけ細かく設定することで、よりターゲット(読者)のニーズに適した記事を執筆できます。

転職サイトに関する記事で例を出します。

ターゲットを「転職したい人」と設定するのではなく、さらに詳細に。

都内で一人暮らしをする25歳男性、残業は月50時間ほど。多少給料が下がってもいいので、定時で帰れる営業職の会社に転職したい。

これくらいターゲットを絞れると、そのターゲットに語りかけるように悩みを解消する記事がかけるはず。

みんなに読まれたいと思って書く文章は、逆に誰にも読まれません。一人の悩みを救う記事を作る方が、アクセスは伸びます。

手順②:キーワードの選定

ターゲットが決まったら、次はキーワードの選定です。

キーワード選定とは、「どんなキーワードで上位表示させたいか」を選定する作業のこと。

このキーワード選定をミスると検索順位で上位を狙うことができず、あなたの記事は誰にも読まれなくなります。

キーワード選定のポイントは、下記の2つ。

  • 競合が少ないキーワードを狙う
  • 検索ボリュームが多すぎず少なすぎずのキーワードを狙う

上位表示を狙うキーワード選定の方法は、下記記事で詳しくまとめてるので、参考にどうぞ。

SEOキーワード選定の方法を解説【5つの手順/コツあり】

手順③:読みやすい文章で執筆

ターゲットとキーワードの選定が完了したら、いよいよ記事の執筆作業です。

質の高い記事を作るには、読みやすい文章であることが重要。

そして、読みやすい文章は「結論・根拠・具体例」の順で書けばOK。

例を出します。

【結論】
ブログは、おすすめの副業です。

【根拠】
初期費用もかからないし、お金を失うリスクもないから。
パソコンやスマホがあれば、誰でも簡単に始められるから。

【具体例】
例えば、株やFXの場合、初期費用もかかるし、お金を一瞬で失うリスクもある。

またクラウドワークスなどで仕事を受注するには、それなりの資格やスキルが必要で、経験値がない人は安い雑用しか受注できない。

なので、ブログはかなりおすすめの副業です。

頭にスッと入ってくる文章になっていますね。

読みやすい文章に関して、詳しく知りたい方は下記記事を参考にどうぞ。

ブログで稼ぐための読者を動かす文章【『1分で話せ』から学んだライティング術】

質の高い記事を量産する方法:まとめ

質の高い記事を量産する方法:まとめ
質の高い記事を量産する方法のまとめです。

  1. ターゲットの選定
  2. キーワードの選定
  3. 読みやすい文章で執筆

上記の3ステップを意識しつつ、毎日コツコツ作業すれば、自然と質の高い記事が量産できます。

検索順位も徐々に上がりますし、そこから収益発生も見込めますね。

よくブログは「量が大切だ!」と言われますが、最終的には「量より質」です。

質が高まるまで時間がかかりますが、毎日少しずつ成長しましょう。

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる