ライティング

ブログ記事の校正ポイントを完全網羅【全14個/SEOとライティング】

ブログ記事の校正
困ってる人
困ってる人
ブログ記事の校正って、どうやるの?初心者ブロガー向けに記事の校正の仕方を教えてほしい。

本記事では、ブログ記事校正ポイントを「SEO編」と「ライティング編」に分けて解説します。

  • ブログ記事の校正ポイントが完全網羅できる
  • 校正する際のコツが理解できる

先日僕は、こんなツイートをしました。

ブログ記事校正の重要性。ブログ記事の執筆が完了したら、校正するべきです。

理由は記事の品質が爆上がりするから。校正をやる・やらないで、体感ですが2割くらい質が変わります。

「めんどくさいなぁ…」と思うかもですが、その一手間が収益化までの近道だったりですね。

上記の通りで、ブログ記事校正は必須です。

ちなみに僕は本職でWebマーケターをしており、企業メディアサイトの監修なんかをしています。なので、割とブログ記事にはうるさいです。

ブログ記事校正の必要性

ブログ記事校正の必要性
そもそもブログ記事の校正がなぜ必要なのか。

理由は、大きく2つ。

  • ブログ記事の品質が向上するから
  • ブログは自分のためではなく、読者のためにあるから

ひとつずつ解説します。

ブログ記事の品質が向上する

ブログ記事校正をすると、確実に記事の品質は向上します。当然ですね。

文章を書いているときは気づかなかった違和感や、誤字脱字を修正できるので、間違いないです。

もちろんGoogleからの評価にもつながるので、やはり校正は必須。

ブログは自分のためではなく、読者のためにあるから

ブログ記事は、あくまで読者のためにある。

読者が抱えている悩みを、いかにわかりやすく解決できるかで、ブログ記事の価値が決定するのかなと。

なのでブログ記事を校正して、少しでも読者が読みやすいように修正を加えることが大切。

稼ぐことを目的としたブログ運用をする場合は、自己満の記事はご法度です。

ブログ記事校正:SEO編

ブログ記事校正:SEO編
まずはSEO観点から見た、ブログ記事校正のポイントを紹介します。

全部で7つ。

  • 記事のターゲット(ペルソナ)は明確か
  • タイトルにSEOキーワードは入っているか
  • 見出しタグ(h2)にSEOキーワードは入っているか
  • ターゲットの悩みを解消できているか
  • リンクはしっかり飛べるか
  • 画像は最適化できているか
  • brタグではなくpタグを使用しているか

順に解説します。

記事のターゲット(読者)は明確か

完成したブログ記事が、誰に向けて書かれているかを確認しましょう。

記事のターゲットが想定できていないと、いわゆるゴミ記事が量産されるだけ。

本来、記事を作成する前に決めることですが、完成した後に改めて確認することも重要かなと。

タイトルにSEOキーワードは入っているか

タイトルに狙いのSEOキーワードが含まれているか確認しましょう。

理由は、シンプルにSEO対策になるから。

キーワードをできるだけ左詰めにして、魅力的なタイトルをバシッと決めましょう。

適切な記事タイトルの付け方は別記事でも解説しているので、ぜひ参考に。

記事タイトル 付け方
SEOに強い記事タイトルの付け方【簡単3ステップ/効果抜群】SEOを配慮した記事タイトルの付け方に悩んでいませんか?この記事では、SEOに強い記事タイトルの付け方を簡単3ステップで紹介します。魅力的なタイトルを付けたい方は必見です。今日から激変します。...

見出しタグ(h2)にSEOキーワードは入っているか

タイトルと同じように、見出しタグ(h2)にも狙いのSEOキーワードが入っているか確認しましょう。

こちらも単純にSEO対策になります。

意外と意識できていないブログを見かけますが、普通に損してますね。

すべてのh2タグにキーワードを入れちゃってOKです。

読者の悩みを解消できているか

想定している読者の悩みを、ちゃんと解決できているか確認しましょう。

ここはかなり重要なポイントで、「せっかく記事を読んでくれたのに、結局なにも解決できなかった」となると、二度とサイトに訪問してくれなくなります。

なので、悩みが解決できているかを確認すること。

解決できていない場合は、リライト必須です。

リンクはしっかり飛べるか

内部リンク・外部リンクをクリックして、ちゃんと狙いのページに飛べるかをすべて確認しましょう。

リンク切れを起こしているとSEO的にもマイナス評価を受けます。

自動でリンク切れをチェックしてくれるプラグインもあるので、ぜひ参考に。

WordPressのおすすめのプラグイン
WordPressのおすすめプラグインは全6個【あとは全て不要】WordPressのプラグインて、種類が多すぎてどれを導入すればいいか迷いませんか?この記事では、WordPressのおすすめプラグイン厳選6個を紹介します。正直、この6個以外は必要なしです。初心者の方はとくにチェックしてください。...

画像は最適化できているか

忘れがちですが、画像の最適化も重要な要素。しっかり確認しましょう。

画像の校正ポイントは、下記の4つ。

  • Alt属性は設定されているか
  • 画像のサイズは統一できているか
  • 画像は圧縮しているか
  • 見出し(h2)直下に挿入できているか

これらがクリアできていれば、最適化完了。

brタグではなくpタグを使用しているか

brタグではなく、pタグを使用しているか確認しましょう。

brタグは「改行」、pタグは「段落」を表します。

ちなみにブログ記事を作成する際、brタグはほとんど不要。

句点「。」がついたタイミングで、pタグを入れれば問題なしです。

これで、SEO観点から見たブログ記事校正は完璧です。

ブログ記事校正:ライティング編

ブログ記事校正:ライティング編
ブログ記事の文章の校正ポイントを7つ紹介します。

  • 誤字脱字はないか
  • 文章の構成は読みやすいか
  • 漢字と平仮名のバランスは適切か
  • 文字装飾に違和感はないか
  • 単語は統一できているか
  • 一文は長すぎないか
  • 体言止めを活用できているか

ひとつずつ解説します。

誤字脱字はないか

校正の一番目的かもしれませんね。

文章を作成している時は気づかないかもですが、思った以上に誤字脱字は存在します。

「完成したらすぐ投稿」ではなく、しっかりと誤字脱字をチェック。

文章の構成は読みやすいか

読みやすい文章は、構成が整っています。

逆に読みにくい文章は構成がめちゃくちゃで、読者は速攻離脱。

読みやすい文章の構成は、下記の通り。

  • 主張
  • 理由
  • 具体例
  • もう一度主張

この順番を意識できれば、一気に読みやすくなるはず。

詳しくは、下記の記事を参考にどうぞ。

稼ぐための文章術
ブログで稼ぐための読者を動かす文章【『1分で話せ』から学んだライティング術】ブログで稼ぐのって、なかなか大変ですよね。9割の人は1円も稼げずにリタイヤしていきます。この記事では、ブログで稼ぐために絶対に意識すべきことと、具体的な対策方法を紹介します。即効性のある方法なので、いますぐアフィリ記事に取り入れてください。...

漢字と平仮名のバランスは適切か

漢字が連続しすぎたり、逆に平仮名ばかりになっていないかを確認しましょう。

バランスに偏りあがあると、かなり読みにくい文章になります。

漢字の場合、5文字以上が連続すると相当ストレスに。

適度なバランスになるよう、調整を。

文字装飾に違和感はないか

太字やマーカーなど、文字装飾をしすぎていないかを確認です。

あまりに強調しすぎると、逆に読みづらくなる可能性あり。

あくまで、「目立たせたい」部分のみを装飾しましょう。

代名詞を避けているか

代名詞を避けているかを確認です。

代名詞とは「これ・あれ・それ」など、直前に出てきた単語を短く表す語句のこと。

簡単な例です。

ブログの記事校正は重要です。

これをすることによって、ブログ記事の質が上がるから。

そうすると、ブログ全体の評価も高まります。

ブログの記事校正は重要です。

ブログの記事校正をすることによって、ブログ記事の質が上がるから。

ブログ記事の質が上がると、ブログ全体の評価も高まります。

少し極端な例ですが、後者のように代名詞を避けて書くべき。

実はブログだと「流し読み」している読者が多いので、代名詞を使うと記事内容についていけない可能性がでてきます。

なので、毎回単語を使用しましょう。

一文は長すぎないか

一文が長すぎると読者はかなり読みづらくなり、離脱の原因になります。

長すぎる文章」の目安として、PC画面で2行が限界かなと。

PCの2行はスマホだと5〜6行いくので、それ以上は正直きついですね…

短い分にはそこまで気にならないので、気持ち早めに文章を切っちゃってOKです。

体言止めを活用できているか

文章の終わり部分が、毎回「ですます」だと実は違和感ありです。

執筆中は違和感なしですが、いざ投稿して読んでみると「なんか変かも」と思うことがしばしば。

改善策としては、体言止めを使用すること。

体言止めとは「~こと」など、文末を名詞で終わらせる用法で、適度に入れることで「ですます」地獄から脱出できます。

以上で、ブログ記事の14個の校正ポイントは終了です。

ブログ記事校正の精度をあげるコツ

ブログ記事校正の精度をあげるコツ
ブログ記事校正の精度をあげるコツを紹介します。

今日から使えるコツは2つ。

  • 文章を音読する
  • 時間を置いてから行う

順に解説していきます。

文章を音読する

文章を口に出して音読すると、校正の精度あがります。

理由は、実際に耳で聴くができるから。

ただ黙って読むだけでなく、耳で聴いてみることで初めて違和感に気づくことも。

おすすめです。

時間を置いてから行う

記事ができてすぐに行うのではなく、できるだけ時間を置いてから行うと効果的です。

理由は、作成直後は脳内に記事内容が残っているから。

文章を読まなくても記事内容が理解できているので、間違いに気づきにくいのは当然。

なので、少し時間をおいてから新鮮な気持ちでブログ記事校正をするのがベストですね。

ブログ記事校正のポイント:まとめ

ブログ記事校正のポイント:まとめ
ブログ記事校正のポイントまとめです。

SEO編
  • 記事のターゲット(ペルソナ)は明確か
  • タイトルにSEOキーワードは入っているか
  • 見出しタグ(h2)にSEOキーワードは入っているか
  • ターゲットの悩みを解消できているか
  • リンクはしっかり飛べるか
  • 画像は最適化できているか
  • brタグではなくpタグを使用しているか
ライティング編
  • 誤字脱字はないか
  • 文章の構成は読みやすいか
  • 漢字と平仮名のバランスは適切か
  • 文字装飾に違和感はないか
  • 単語は統一できているか
  • 一文は長すぎないか
  • 体言止めを活用できているか

上記、チェックするかどうかで、記事の品質は段違いです。

校正は少し面倒な作業かもですが、5〜10分程度で終わるし、記事の質があがるので実はコスパ最強。

なので、記事の執筆が完了したら、必ず校正を行いましょう。

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる