アフィリエイト

アフィリエイト商品の選び方を解説【コツは5つあります/初心者向け】

アフィリエイト商品の選び方
困ってる人
困ってる人
アフィリエイトで稼ぎたいんですが、商品の選び方とかある?コツとかあるなら教えておくれ

本記事では、アフィリエイト商品の選び方を解説します。コツは全部で5つです。

  • アフィリエイト商品の選び方がわかる
  • 商品選びの前にやるべきことが明確になる

先日僕は、こんなツイートをしました。

アフィリエイト商品の選び方【コツは5つ】

  • 高単価の商品
  • 承認率の高い商品
  • 成約率の高い商品
  • 自分が使用した商品
  • 特別単価が認められてる商品

この5つを満たしてる商品を選べば、間違いなく稼げます。割と保証しますよ

結論は上記で、アフィリエイト商品の選び方次第で、稼げる稼げないが決まるかなと。

ちなみに僕は副業ブログで月10万円ほど稼いでいます。アフィリエイトは割と得意です。

アフィリエイト商品の選び方【コツは5つ】

アフィリエイト商品の選び方【コツは5つ】
アフィリエイト商品選び方コツは、全部で5つです。

それがこちら。

  • 高単価の商品
  • 承認率の高い商品
  • 成約率の高い商品
  • 自分が使用したことのある商品
  • 特別単価(特単)が認められてる商品

この5つを満たしてるアフィリエイト商品を選定できると、恐らく月5万円は堅いですね。

順番に解説していきます。

選び方のコツ①:高単価の商品

アフィリエイトで稼ぎたいなら、間違いなく高単価の商品を選ぶべきです。

理由は、単価が低いアフィリエイト商品で月数万円稼ぐのは激ムズだから。

例えば、月5万円を目標とした場合、「単価500円」と「単価5000円」の商品で比較すると

  • 500円の場合、100件売らないと月5万円稼げない
  • 5000円の場合、10件売れば月5万円稼げる

ひとつの商品を月に100件売るのって、トップアフィリエイターじゃないと厳しいです…

こんな感じで、単価によって難易度が変動するので、できるだけ高単価の商品やサービスを選ぶことが重要。

ちなみに僕は、単価2000円以下の商品は扱いません。労力がもったいないので。

同じ商品(案件)でもASPによって単価は変わる

実はASPサイトによって、同じ商品でも単価は変わります。

場合によっては、500円くらい単価が違うケースも…

お気に入りのASPサイト一つに絞るのではなく、できるだけたくさんのASPサイトに登録して、自分が扱う(扱っている)商品の単価を比較することをオススメします。

登録必須のASPサイトをまとめた記事もあるので、ぜひ参考にしてください。

【2020年】アフィリエイトASPおすすめ5選を紹介【登録必須です】

選び方のコツ②:承認率の高い商品

承認率とは、自分のサイトから成約が発生したときに、ちゃんと成果が広告主に承認されて、アフィリエイト報酬が支払われる割合のことです。

例を出します。

1件1000円の案件で、自分のサイトから100件成約が発生したとします。

承認率が100%であれば、当然「1000円×100件=10万円」。

この時、この案件の承認率が10%の場合、「1000円×100件×10%=1万円」のみ。

承認率10%って、結構えげつないですよね…

承認率の仕組みはブラックボックスで、広告主側の裁量になるので、予め承認率の高いアフィリエイト商品を選ぶことが大切です。

承認率が見れないASPサイトが多い

この承認率ですが、多くのASPサイトが見れないようになってます。

有名どころのA8.netやadbの場合、ある特定ランク以上のアフィリエイターしか見れない設定になっており、ちょっとイジワルですよね(笑)

ですが、バリューコマースは最初から承認率を開示してます!

案件数も豊富な大手ASPサイトのひとつなので、ぜひ登録しておきましょう。

バリューコマースの登録はこちらから

ちなみに僕はA8.netのゴールドランクを達成しているので、画像のように承認率(確定率)を見ることができます。

A8.netの確定率

選び方のコツ③:成約率の高い商品

成約率(CVR)とは、商品ページにアクセスしたユーザーのうち、商品購入まで至った割合のこと。

少しわかりやすくするために、ユーザー(読者)があなたのブログにアクセスしてから購入するまでの流れを解説します。

  1. あなたのブログに読者がアクセスする
  2. ブログ内で紹介しているアフィリエイト商品に興味を持つ
  3. アフィリエイトリンクをクリックする
  4. その商品のページへ移動する
  5. 商品ページから商品を購入する

そして成約率とは、④番まで達成した人のうち、⑤番を達成した人の割合です。

例えば、④番(商品ページに移動した人)が10人、そのうち⑤番(商品を購入した人)が2人だった場合、「2÷10=20%」となる。

そして、この成約率に関しては、「商品ページのクオリティ」に大きく左右されるものなので、自分達ができることは特になしです…
(正確にはブログ記事のライティング力などでも変わりますが、大きくはやはり商品ページの質ですね。)

なので、できるだけ成約率の高い商品を選ぶことをオススメします。

成約率に関しては、基本的にどのASPサイトでも確認できるのでご安心を。

選び方のコツ④:自分が使用したことのある商品

当然ですが、アフィリエイトで紹介する商品は、自分が実際に使用したことのある商品がベスト。

理由は、その商品の魅力や特徴を具体的に解説することができるから。

一昔前は、テンプレのような文章でも商品は売れてましたが、そんなサイトが横行しすぎたせいで、いまでは適当に書いたアフィリ記事では全く売れません。

なので、自分が実際に使ってみた使用感や感想をリアルに伝える記事を書くことが重要。

読者を動かすアフィリエイト記事の書き方

少しテクニック紹介です。

読者に刺さるアフィリエイト記事を書く時のポイントは、次の5つ。

  • 感情を入れる
  • 体験談を語る
  • 検証結果を公開する
  • オリジナルの画像を使用する
  • 自分のリアルな感想を入れる

ここらへんを記事に盛り込むと、妙に納得感がでて、成約につながりやすくなります。

選び方のコツ⑤:特別単価(特単)が認められてる商品

特別単価(特単)とは、ある一定以上の商品を売ると、商品ひとつあたりの単価を上げてもらえるという制度です。

例えば、「化粧品A」の単価が1件1000円だとします。

  • 10個売ると、11個目から単価1200円にUP
  • 20個売ると、21個目から単価1300円にUP
  • 50個売ると、51個目から単価1500円にUP

みたいな感じです。

稼ぐ」という観点からみると、特別単価のあるアフィリエイト商品を選ぶことが大切。

案件によって、特別単価があるものとないものがあるので、詳細情報をよく読んで確認しましょう。

アフィリエイト商品を選ぶ前にやるべきこと

アフィリエイト商品を選ぶ前にやるべきこと
ここまでアフィリエイト商品の選び方のコツを解説してきましたが、ここからはアフィリエイト商品を選ぶ前にやるべきことを解説します。

それが以下の3つ。

  • カテゴリー(ジャンル)の選定
  • ASPサイトの登録
  • アクセスを集める

ひとつずつ解説していきます。

①:カテゴリー(ジャンル)の選定

いきなり商品を選ぶのではなく、まずはどんなカテゴリー(ジャンル)で攻めるのかを決めましょう。

理由は、ある程度カテゴリーを絞ってるサイトじゃないと、信頼性が担保できずにアフィリエイト商品が売れないから。

例えば本ブログの場合、「ブログ」と「転職」というカテゴリーに絞って情報発信をしています。

正直な話、どのカテゴリーでも月5万円〜10万円ほどなら稼げるので、自分が得意なカテゴリーで勝負するのがベストかなと。

2020年、稼げるアフィリエイトジャンルをまとめた記事もあるので、カテゴリーが決めきれない方は、ぜひ参考にどうぞ。

【2020年】アフィリエイトのおすすめジャンル35選が決定!

②:ASPサイトに登録

アフィリエイトをするなら、ASPサイトの登録は必須です。

おすすめは下記の5つ。

すべて無料で登録できるので、とりあえず全部登録でOKです。

③:アクセスを集める

最重要です。アクセスがないと、商品は売れませんからね

目安としては、月1万PVは欲しいところ。

ここまで到達していない人は、アフィリエイト商品を選ぶ前に、とにかくアクセスを集めることに集中すること。

ブログのPV数が少ない人向けに、解決策をまとめた記事もあるので、こちらもぜひ参考にどうぞ。

ブログが読まれない3つの原因と解決策5選【ブログ初心者向け】

アフィリエイト商品の選び方のコツ:まとめ

アフィリエイト商品の選び方のコツ:まとめ
アフィリエイト商品の選び方のコツ、まとめです。

  • 高単価の商品
  • 承認率の高い商品
  • 成約率の高い商品
  • 自分が使用したことのある商品
  • 特別単価(特単)が認められてる商品

上記5つのコツを意識して商品を選ぶことで、同じ労力でも2倍、3倍の収益も目指せるかなと。

今日はここまで。お疲れ様でした。

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる