ライティング

ブログで稼ぐための読者を動かす文章【『1分で話せ』から学んだライティング術】

稼ぐための文章術
困ってる人
困ってる人
ブログで稼ぎたいけど、なかなか報酬が発生しない。お金が発生する仕組みは理解できているけど、具体的にどうすればいいんだろう。このままじゃ、心が折れちゃう。

ブログを始める人のうち、9割ほどは心が折れて1円も稼げないままリタイヤしていきます。

おそらく、稼げていない人たちはブログで稼ぐ上で一番重要なことを意識できていません。

この記事では、ブログで稼ぐために意識すべき「ひとつのこと」と、具体的にどう行動すればいいのかを詳しく解説します。

  • ブログで稼ぐために意識すべき重要なことがわかる
  • アフィリエイト報酬を発生させる具体的な方法がわかる
  • ベストセラー著書「1分で話せ」の内容が9割学べる

ちなみに私は、本業でWebマーケターをしており、Webを使って施策を打つことが得意です(得意というか、仕事です)

そのノウハウを活かしつつ、ブログ開設から半年で月収5万円を勝手に稼ぐアフィリエイトサイトを作ることに成功しました。

11月の収益は、全部合わせてざっと10万円ほどです。

11月の成績

自分で言うのもなんですが、この記事でお伝えする内容は割と有益です。即効性もあるので、この記事を読み終わったらすぐに行動することをおすすめします。

【結論】ブログで稼ぐためには読者を行動させる

湖へジャンプする男性
早速結論ですが、ブログで稼ぐためには「読者を行動させる」こと。

これが答えです。

理由は単純で、お金が動くときには必ず読者が動くから。

そもそもアフィリエイトの仕組みを理解していればわかると思いますが、自分のブログやサイトのアフィリリンクから読者が商品を購入しないと報酬は発生しません。

例えば、とあるビジネス書を読んでその魅力をブログで伝えて物販アフィリエイトで稼ごうとしても、結局読者が「Amazonボタンを押す」という行動をしなければ、1円の稼ぎにもなりません。

なので読者を行動させるような文章を書けないと、一生ブログで稼げないということです。

めちゃくちゃ当たり前のことを言っていますが、意外とこの意識が薄い人が多い気がします。

大事なことなのでもう一度いいます。

ブログで稼ぐためには、読者を行動させること。これがすべてです。

困ってる人
困ってる人
読者を行動させることができれば、お金が動いて稼げることはわかった。
じゃあ具体的にどうすれば読者は行動するの?

納得しないと、人は行動しない【1分で話せ】

毛布にくるまるフレンチブルドック
人は納得しないと行動しません。

なぜなら、行動すること自体が面倒だから。行動することがメリットであると納得できるまでは、いくら言葉を投げかけても動きませんよね。

ブログ記事でいくら商品をオススメしても、読者が自分にとってメリットを感じて納得しない限りは、購入ボタンを押すには至りません。当然です。

困ってる人
困ってる人
確かその通りだな。。。

つまり、ブログで稼ぐためには読者を行動させなければならない。そして行動させるためには納得させなければならない、ということです。

そして、この解決策はとある1冊の本「1分で話せ」にすべて書かれていました。

左脳と右脳に語りかける

ポイントは、左脳と右脳それぞれに語りかけることを意識すること。

人間の左脳は「論理」を司り、右脳は「感情」を司るそうです。

左脳と右脳、どちらにも納得させることができれば、相手は行動に移してくれます。

順番的には、

  1. まずは論理的(左脳)に理解させる
  2. そして感情(右脳)に揺さぶりをかける

これでOKです。

具体的な方法は、次のとおり。

結論・根拠・具体例の順番で伝える

文章は「結論・根拠・具体例」の流れで伝えること。

理由は、最初に左脳を刺激して次に右脳を刺激するという黄金パターンを生み出すことができ、読者を納得させる文章になるから。

例えば、こんな感じ。

【結論】
ブログは、おすすめの副業です。

【根拠】
初期費用もかからないし、お金を失うリスクもないから。
パソコンやスマホがあれば、誰でも簡単に始められるから。

【具体例】
例えば、株やFXの場合、初期費用もかかるし、お金を一瞬で失うリスクもある。

またクラウドワークスなどで仕事を受注するには、それなりの資格やスキルが必要で、経験値がない人は安い雑用しか受注できない。

なので、ブログはかなりおすすめの副業です。

たったこれだけで、左脳と右脳に語りかけて読者を納得させる文章が完成します。

上記の内容は、ベストセラー著書の「1分で話せ」にすべて集約されています。

もともとはプレゼンの質を高めるために書かれた本ですが、ブログ記事にも応用できますし、日常的にも使えるテクニックなのでぜひ習得してください。

ちなみに、この手法は最強ブロガー・マナブさんも自身のブログで解説しています。

かなり有益情報なので、こちらもぜひ参考にどうぞ。
→【完全に解決】文章が書けない原因は「型」にあります【必読ですよ】

客観視点で確認(リトルホンダを作る)

「結論・根拠・具体例」で文章を構成することで読者を行動させる質の高い記事が仕上がりますが、完成した記事を客観視点で確認することも重要です。

理由は、主観視点では読者が納得しているかどうかが分からないから。

いくら自分では良質な記事が書けたと思っていても、実際読者には大して響いていないなんてことが多々あります。

なので、記事が完成したら、一度読者の立場になって自分の記事を読み返して見てください。

  • 伝える順番は正しいか
  • 文章に違和感はないか
  • 読者目線でも納得できるか
  • 行動に移そうと思えたか

上記のポイントを意識するだけで、さらに記事の質を向上できます。

ちなみに「1分で話せ」の中では、プロサッカー選手の本田圭佑さんが会見で発した”リトルホンダ”という言葉を使って解説しています。

読者を納得させて行動させる

自然の中で授業を受ける少年
まとめると、稼ぐためには読者を行動させることが大前提。

でも納得しないと行動しないから、納得させるような文章を作るべきで、そのためには「結論・根拠・具体例」の順番で伝えることが大切です。

そして、完成した記事をすぐに投稿するのではなく、一度「リトルホンダ」に確認させて納得できるかどうかをチェックしてください!

これを意識するだけで、一気に締まりのある文章が書けて、成約につながるはずです。

この記事を何回も見直して、ぜひ取り入れてくださいね!

読者の脳を操る「漆黒のマーケティング」

漆黒のマーケティング
ちょっと宣伝です。

モノを売るための本質を理解して、消費者にセールスをかける”漆黒のマーケティング”を公開中。

僕は本業でWebマーケティングをしており、そこで培った知識・ノウハウを詰め込みました。

”漆黒のマーケティング”を手に入れる